「ZOZOスーツ」に感じる"モヤモヤ感"の正体

「ファッションの価値」はどうなっていくのか

ビジネススーツならいいけれど、それ以外の服は…?(撮影:梅谷秀司)

つい先日、採寸用ボディスーツ・ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)でオーダーしたTシャツとジーンズが届いた。注文してからきっかり3週間。正直なところ、あまり期待していなかった。というより、批判する気満々で待っていた。

ところがジーンズを履いてみると、予想外に体にフィットする。これが社長の前澤友作氏が発表会で言っていた「驚くほどの快適さ」の正体だったのか。

7月3日、筆者はスタートトゥデイが開いた「新生ZOZOビジョン」の発表会に参加し、前澤氏のプレゼンを聞いていた。イベント終わりに、出口でゲスト枠で呼ばれた知人女性たちと一緒になり、この発表会について、“熱い立ち話”が始まった。

ファッション系女子と起業家女子との視点の違い

ファッション系メディア女子が言う。

「私は、ファッション好きな方には必要ないかなって思いました。ビジネススーツのオーダーに慣れている方とか、就活用のスーツとかだったら、オーダーもいいのかもしれませんが、それ以外の服は……」

ファッション女子的には、このZOZOSUITのオーダーで服を作ることにあまり乗り気じゃない。どうも「サイズがぴったり合うこと=ファッションじゃない」というのがその理由のようだ。でも一方で、起業家女子は違った。

「『人が服に合わせる時代から、服が人に合わせる時代』ってすごいですよね。画期的!って思った。だってジーンズを探しに行ったら、すごく時間がかかる。自分のサイズを見つけるために試着室に行って何本も試すなんて苦痛。これって、最短時間で最適な答えに導いてくれる方法なんですね」

ファッション系女子と起業家女子とで、意見が分かれたのは面白かった。

多くの女性にとってファッションはある意味、ファンタジーである。「この服を着たらモテるかも」とか、「新しい服を買ったら、なんだか気分が上がった」とか。服は気分を作る道具でもある。たとえば3歳の子どもがディズニーランドに行くとき、『アナ雪』のエルサのドレスを着るだけでお姫様気分になれる。情緒とファッションは密接な関係を持っている。

それにしても、起業家女子の「これって最短、最適な服じゃないですか?」という話が引っかかった。

次ページファッションの合理性
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。