外国人が欲しがる「日本の高級ブランド」5特徴

「ジャパンラグジュアリー」にも勝機はある

例えば、日本を代表するデザイナーズブランド、コムデギャルソンは、近年クリエイティブだけでなくビジネス面でも好調だ。2018年5月期の売り上げは240億円に達し、直近3年は年率10%近い成長を遂げている。ハートと目のマークで有名なプレイコムデギャルソンやCDGのようにわかりやすくキャッチーなサブブランドを展開し、グローバルのストリートブームをうまく刈り取っている。

しかしながら、グローバルで成功している日本発のデザイナーズブランドは、数としてはまだ少ない。実際パリコレでショーを行っている日本人のブランドは2ケタを超える一方で、ビジネスとして成功しているブランドはというと前述のコムデギャルソンやサカイなどひと握りだ。

では、日本発のデザイナーズブランドとして世界で成功するためには、いったい何が必要なのか。

成功のために不可欠な5つの日本的要素

そのカギの1つが、クリエーションにおける「日本らしさ」の付与にある。「日本らしさ」といっても、着物テイストや和柄といった単純なジャポニズムではない。

日本人デザイナーがパリコレクションでデビューして数十年が経過し、ジャポニズムは、いまや外国人デザイナーも用いる普遍的なテイストとなっている。

一方で、グローバルの消費者やメディアにとっては、「日本のブランドやデザイナー」と聞けば、ブランドの世界観に日本的な要素を期待するのも現実である。洋服の起源が欧州である以上、日本のブランドには日本で生まれた理由や背景やストーリーがあったほうが受け入れられやすい。

いま、「日本的な要素」として世界で受け入れられやすいキーワードは「ストリート」「テクノロジー」「ジャパンブルー」「ジャパニーズ・ミニマル」「アルチザン」の5つだと考える。それぞれについて、簡単に説明しよう。

①ストリート

「ストリート」は現在、ラグジュリーにおけるグローバルトレンドになっており、最も旬なキーワードである。

日本の裏原文化については海外でもよく知られており、「アンダーカバー」「アベイシングエイプ」「グッドイナフ」などのブランドの影響を受けているデザイナーは、エディ・スリマンをはじめ著名人にも多い。

日本の若手デザイナーズブランドにおいても、ストリートテイストのものが増えている。しかし、先にあげた本家裏原ブランドを超えるものは出ておらず、これらを超える次世代のストリートムーブメントが現れるか否かがカギとなるだろう。

次ページユニクロが海外でも成功している理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT