日本の組織に蔓延する「活力枯渇病」、5つの症状 「逃げ切り族」「ゆるブラック」…御社は大丈夫?

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

3つめは、多くの企業で深刻な「『働かないおじさん』問題」である。

「年下上司」が頭を抱える「働かないおじさん」の存在

【3】深刻な「働かないおじさん」問題

ある大企業の部長が頭を抱え、私に愚痴をこぼしたことがある。

その会社では部下との1対1での面談(1on1)を重視し、定期的に行っている。その部長は40代半ばだが、最年少で部長に抜擢された。本来なら、意気揚々と仕事に邁進していなければならない立場なのだが、彼は頭を抱えていた。

部下の多くは自分より「年上」なのだ。「役職定年制」の導入により、課長などの役職から外れた人も多い。

そうした部下たちは面談で、「これといった目標はありません」「定年まで無難に過ごせればいいと思っています」と異口同音に話す。開き直りとも言うべき言葉が並び、まったくエネルギーを感じない。いわゆる「働かないおじさん」だ。

部長は部下たちのモチベーションを高めようと、「会社のビジョン」を熱く語ったりするが、「働かないおじさん」たちはまったく反応しない。これでは部長の努力も水の泡となってしまう。

【4】職場の雰囲気を壊す「逃げ切り族」

50歳を過ぎ、役職からも外された多くの「働かないおじさん」は、なんとか「定年まで逃げ切れればいい」と割り切っている

もちろんまったく仕事をしないわけではないが、自分のこれまでの経験やスキルが使える仕事しかしない。新たなことにチャレンジしたり、新しいことを覚えたりしようとする気はさらさらない

若手社員たちからは「目の死んでいるおじさんたち」「逃げ切り族」と呼ばれているらしい。そんな人たちがいる職場の雰囲気がよくなるはずもない。

「若手社員までやる気がなくなる」と部長はぼやくが、どう対処したらいいのか答えが見出せていない。

「若手の抜擢」「役職定年制の導入」などは日本企業が再生するためには不可欠な施策だが、このような「活用枯渇病」が蔓延する現場では、そう簡単には事は運ばないのが実状なのだ。

次ページ最後の「活力枯渇病」は…
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT