中国検索大手「百度」、ネット広告がマイナス成長 1~3月期の純損益は投資評価損で赤字に転落

✎ 1〜 ✎ 929 ✎ 930 ✎ 931 ✎ 最新
拡大
縮小
百度を取り巻く経営環境は過去1年余りで激変し、逆風が強まっている。写真は北京の本社ビル(百度のウェブサイトより)

中国のインターネット検索最大手、百度(バイドゥ)の業績が伸び悩んでいる。同社が5月26日に発表した2022年1~3月期の決算報告によれば、同四半期の売上高は284億1100万元(約5424億円)と、前年同期比わずか1%の増加にとどまった。また、純損益は前年同期の256億5300万元(約4898億円)の黒字から8億8500万元(約169億円)の赤字に転落した。

純損益が赤字に陥った主因は、投資先企業の評価額見直しに伴う減損だ。1~3月期の損益計算書には、投資損益を含む「その他損益」の項目に29億6100万元(約565億円)の損失が計上された。

ちなみに2021年1~3月期の同じ項目には、238億元(約4544億円)もの巨額の利益が計上されていた。これは百度の出資先である中国のショート動画アプリ大手、快手科技(クワイショウ・テクノロジー)が同年2月に香港証券取引所に上場し、保有株の評価額が急上昇したためだ。

ところが、その後の1年余りで資本市場を取り巻く環境は激変した。中国政府が大手ネット企業に対する管理監督を強化したことや、中国景気の全体的な減速、新型コロナウイルスの再流行などが重なり、ネット関連銘柄の株価が大きく下落。百度はその直撃を受けた格好だ。

「4~6月期はさらに厳しい」

事業分野別に見ると、2022年1~3月期のネット広告事業の売上高は157億元(約2997億円)にとどまり、前年同期比4%減少した。ネット広告は百度の総売上高の55%を占める基幹事業だが、前年同期比の伸び率がマイナスになったのは、新型コロナが中国で最初に流行した2020年1~3月期以来のことだ。

一方、2022年1~3月期の非広告収入は57億元(約1088億円)と前年同期比35%増加した。とはいえ、2021年10~12月期まで同60~80%の伸び率を記録していたのと比べれば、減速感が否めない。

「AI(人工知能)クラウド事業の1~3月期の売上高は前年同期比45%増の39億元(約745億円)に達し、非広告収入の7割近くを占めた。わが社の(将来に向けた)成長を牽引する重要なエンジンだ」。百度のCFO(最高財務責任者)を務める羅戎氏は、決算説明会でそう強調した。

本記事は「財新」の提供記事です

また、2022年4~6月期の展望について、羅氏は次のような見方を示した。

「直近の新型コロナ(のオミクロン変異株)の流行は、それ以前とは様相が異なる。北京や上海を含む多数の都市(の社会・経済活動)に影響を及ぼす状況が、2カ月を超えて続いている。百度だけでなくネット業界全体にとって、4~6月期のビジネスはさらに厳しいものになるだろう」

(財新記者:杜知航)
※原文の配信は5月26日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT