悪気のない「残念な夫」が、いちばん危険

「イクメン自称」が妻の怒りに火をつける

――なるほど!その定義は非常に納得がいきます。だから自称「イクメン」は警戒されるのですね…

そうなんですよ。だから、あんまり自分で「イクメン」って言わないほうがいい。自分でそれを言うと、相手の期待値を上げてしまうだけなので、「残念な夫」と言っておくほうがいいです(笑)。

結婚の前から、ハードルを下げておくのがいいですね。最初から「できないふう」を装っておくのです。が、それがバレたときは最悪なので、注意が必要ですけれど……。少なくとも、変な約束はしないほうがいい。

世間の奥様方にも、「旦那さんに期待しないであげてください」と申し上げたいです、なんてことを言っていると、皆様からおしかりを受けるんですけれど(笑)。

事前に知っておけば、助けになる

――ほかにも、これから子どもを持つ夫婦に伝えておきたいことはありますか?

子どもが生まれれば、どうしても夫婦の関係性は変わりますよね。子ども中心の生活になるので。でもそのとき、こういう産後離婚の危機について「ああ、こんなふうになるのか」と事前に知っていれば、危機を回避できるところはあると思います。

――みんな、このドラマを見ておくといいですね。

そう思います。やっぱり、知っていると違いますから。

仕事でも同じですが、「あぁ、これは後で問題になるかも」と事前に予測ができていれば、いざ問題になっても「やっぱりな」と思って対処しやすいですが、何も心構えがないまま大きな問題が起こると、対処のしようがなかったりするじゃないですか。

だから、これから結婚されたり、お子さんを持ったりする方たちは、ぜひこのドラマを見ておいていただくのがいいと思います。事前に知識があれば、違いますから。ひいては、このドラマの影響で、産後の離婚率が低下してくれることを祈ります。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。