悪気のない「残念な夫」が、いちばん危険

「イクメン自称」が妻の怒りに火をつける

――今後の見所はどんなところでしょうか?

主人公の陽一が、”父親になれるのか”というところですね。口では「俺は変わるよ」とか言ってはいますが、根本のところはなかなか変わっていかない。それが少しずつ、どんなふうに変わっていくのか、というところです。

同時に、周りの夫婦がどうかかわってくるか、というところも見ていただきたいです。岸谷五郎さんと大塚寧々さんが演じる細井夫妻や、黒木啓司さんと高橋メアリージュンさんが演じる須藤夫妻と、パパ友・ママ友みたいなところでの交わりも出てきます。

最終的には、産後離婚危機というものを、陽一と知里が乗り越えられるのか?というところですね。それを、最終回までしっかりと描いていきます。これからどんどん、この夫婦の危機は深まっていくのですが……。

――ドラマのタイトル「残念な夫。の”残念”という言葉は、いいですね。「悪気はないんだけど」という感じが伝わってきます。

そうなんです、「ダメ」って言われているわけではないですから。改善する可能性がまだあるから、”残念”なんですよ。

「残念な上司」とか「残念な妻」とか、いろいろ応用が利きます。今回の「残念な夫。」の反響次第では、“残念シリーズ”にして「残念な妻」も作れるかもしれません。そのときはタイトルを「○○な妻」にしようかと思います(笑)。

「残念度」はどう判定する?

――ところで、昨年は「家事ハラ」のCMが、最近ではサイボウズさんのムービー(「パパにしかできないこと」)が話題になりました。「夫の家事育児」というテーマは炎上しやすいようですが、今回のドラマで気をつけた点はありますか?

女性目線を外すと、炎上するのかな、という気はしますね……。サイボウズさんのムービーは、1本目(「大丈夫」)で期待値を高めすぎた、というせいもあるんじゃないでしょうか。

このドラマでは、「残念」という言葉を「期待を裏切ること」と定義しているのです。ある事象について、それが「残念」かどうかって、人によって意見が異なりますよね。たとえば、うんちのときのおむつを換えない夫が残念か、残念じゃないかって、その家庭によって判断が違います。

でも、もし「おむつ換えは俺に任せろ!」って言ってる夫が、うんちのときだけおむつを換えなかったら、それは明らかに「残念」ですよね(笑)。それは、「おむつ換えは任せられる」という期待があるのに、それを裏切るから、「残念」ということになるわけで。

次ページイクメンを自称するのは危険
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。