「働きたいママ」のキャリアコンサル実況中継

これからのキャリアに自分なりの”戦略”を!

あタブさんはえみさんの話を聞きながら、手元のタブレット端末にえみさんの「ものがたり」を描いていく(撮影:今井康一)

タブ:2人目も、もうすぐなんですね!おめでとうございます!2~3年後は会社で働きたいんですね。

えみ:はい。私、組織の中にいるのが安心するタイプなので……。

タブ:これまでどういうお仕事をしてきたんですか。

えみ:3社で働きました。すべて金融です。ただ、仕事内容は違うので、キャリアとしての一貫性はほとんどありません。最初の都銀では法人営業。その後、海外に転居して、日系銀行の海外拠点でシステム企画部門のバックオフィス業務に就きました。帰国後は政府系銀行で役員秘書をしました。

タブ:すばらしい経歴ですね!ところで素朴な疑問なのですが、銀行というとおカタいイメージがありますが、なぜ銀行に就職しようと思ったんですか。

えみ:恥ずかしいのですが、あまり深く考えていませんでした。実は両親とも銀行に勤めていたので、なんとなく入ってしまったという感じです。小さい頃から周りの大人がみんな銀行員という環境で。

タブ:へえ、銀行員一家だったんですね。ところでえみさんはどういう子どもだったんですか。

姉が自由人でした

えみ:2人姉妹の妹なんですが、姉が自由人だった分、器用に立ち回るタイプだったでしょうか。

タブ:自由人?

えみ:両親が厳しくて、姉がしようとすることにいちいち反対が入るので、姉はいつも戦っていました。高校生でも門限が6時というような家で。

タブ:門限6時!厳しいですね。じゃあ、えみさんもまじめな子どもだったんでしょうか。

えみ:はい、まじめでした。学級委員もやっていました。

タブ:生徒会長なんかも?

えみ:いえいえ、そこまでやるような度量はなくて……。クラスの委員が精いっぱいです。

タブ:えみさん、優等生だったんですね。

えみ:子どもの頃、2人でピアノを習っていたんですが、姉が小学校6年くらいで早々にやめてしまったのに対して、私は高校3年まで続けました。

タブ:続きましたね。

えみ:私、一回始めたことを途中でやめるのが嫌なんです。途中でやめてしまうと自分に対してがっかりするので、細々とでも続けたいと思うんですよね。

タブ:中学、高校時代も、いちばん好きだったのはピアノですか。

えみ:いえ、書道です。中高とも書道部でした。

タブ:なぜ書道を?

次ページ「ガリ勉」だった学生時代
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT