これがアメリカの「軍事企業」トップ10だ

ボーイング以外にも多くの優良企業が上場

2012年沖縄に配備されたオスプレイ。米ボーイング社製だ(写真:LEON / Imasia)

「米国会社四季報」の誌面データを利用した企業ランキング。前回は、「意外!これが米アパレル売上高ランキングだ」が好評だったが、最終回の第6回目は上場している「軍事企業」を採り上げる。米国では、主力製品がパトリオットなどのミサイルだったり、最新鋭のステルス戦闘機だったりと、どっぷりの軍事企業が当たり前のように上場している。

ボーイングの売上高は10兆円超、オスプレイも開発

今回のランキングでは、そのような軍事企業のうち、売上高トップ10を並べた。

トップ10の企業はすべて売上高が1兆円を超える巨大軍事企業だ(ただし、全売上高が軍事関係というわけではない)。

1位のボーイングは、世界最大の航空機メーカーだ。年間の売上高は10兆円を超える。ボーイングというと太平洋戦争で活躍した大型爆撃機B29に代表される軍事発祥の会社だが、最近では民間航空機のイメージが強い。実際、世界を飛行する民間航空機の約75%が同社製と言われている。

だが、売上高ベースで見ると、今でも軍事部門が約40%程度を占めている。しかも、軍事部門での主力製品はどれも有名どころだ。

戦闘攻撃機のF/A-18E/Fスーパーホーネット、大型輸送用ヘリコプターのCH-47チヌーク、映画にもよく登場する攻撃ヘリコプターのAH-64アパッチ、航空自衛隊の主力戦闘機でもあるF-15イーグルなど、一度は聞いたことがある名前だろう。また、日本で何かと話題のチルトローター機「オスプレイ」も、子会社のボーイング・ロータークラフト・システムズがベル・ヘリコプターと共同開発したものだ。

2位のユナイテッド・テクノロジーズは、傘下に空調設備メーカー、エレベーター・エスカレーターメーカー、燃料電池メーカー、セキュリティ会社など、様々な業種の事業会社を持つコングロマリット。軍事向けの比率はそれほど高くないだが、保有する子会社は軍事関係での最大手企業が多い。航空機エンジン最大手のラット・アンド・ホイットニーや、UH-60 ブラックホーク、SH-60シーホークの製造で有名なヘリコプター大手のシコルスキー・エアクラフトあたりがその代表例だ。

次ページ最新鋭のステルス戦闘機を開発しているのは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT