ケタ外れ!これが米国従業員数トップ200だ

首位のウォルマートは、なんと220万人!

ウォルマートの株主総会。従業員数は220万人と文字通りケタ外れ(ロイター/アフロ)

ウォルマートは、従業員数も売上高も「ケタ外れ」

前回の「ケタ違い!これが米国CEO報酬トップ300だ」では、米国主要企業トップの高額報酬の実態をご紹介した。ストックオプションの権利行使が、いかに企業トップに高額なキャッシュをもたらしているかが、おわかりいただけただろうか。

さて今回は、「従業員ランキング」を採り上げる。次ページからのランキングで、従業員数を見ると、目を引くのはやはり1位のウォルマートだろう。もちろんパートタイマーも含んでいるが、220万人は2位以下と比べても圧倒的な多さだ。

それもそのはず、同社は世界企業番付の「フォーチュン・グローバル500」で、常に上位に食い込む超巨大企業。2014年は堂々の1位だった。売上高世界一の企業なのである。

グローバル500のトップ10には、2位のロイヤル・ダッチ・シェル、3位のシノペックなど、石油メジャーを含む巨大エネルギー企業が名を連ねる。庶民相手に日用品や家電を売るスーパーマーケットが、国家相手にエネルギー資源を開発する石油メジャーを売上高で凌ぐのだ。前14年1月期の売上高は54兆7400億円(4760億ドル)を超える。220万人という膨大なマンパワーが必要といのも、納得のいくところだろう。

ウォルマートといえば、創業一族のウォルトン家に触れないわけにはいかない。超有名な資産家だからだ。米経済誌のフォーブスが集計した2014年の米国名門一族の長者番付でも、ウォルトン家はダントツの第1位。その資産は17兆4800億円(1520億ドル)。

すでにこの先、何世代にもわたっても使い切れない額だと思うが、ウォルトン家は資産の維持にも余念がない。同社の筆頭株主であるウォルトン・エンタープライズは、ウォルトン家が保有するウォルマート株を管理するためだけの会社だ。

次ページトップ200、まずは1位~50位タイ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。