最新作「ストレンジャー・シングス4」‟重圧"事情 Netflixにとって「失敗が許されない作品」だ

✎ 1〜 ✎ 70 ✎ 71 ✎ 72 ✎ 最新
拡大
縮小
Netflixを代表するヒットドラマの最新作「ストレンジャー・シングス 未知の世界 4」の第1部が5月27日に世界同時配信された(写真:Netflix)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

一気見ブームの火付け役ドラマ

「またしても日本だけ1位を逃すのか」という心配もあったNetflixを代表するヒットドラマの最新作「ストレンジャー・シングス 未知の世界 4(以下、ストレンジャー・シングス4)」ですが、5月27日に第1部が世界同時配信されてから3日後に1位を獲得。その後も「今日のTV番組TOP10(日本)」にランクインしています。世界全体でも予想どおりの1位です。

この連載の一覧はこちら

世間では同日公開されたトム・クルーズ主演映画「トップガン マーヴェリック」やスター・ウォーズ実写ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」にも注目が集まるなか、健闘しています。ただし、Netflixはこの目先の結果だけで満足しているように思えません。

「ストレンジャー・シングス4」はNetflixにとって失敗が許されない作品とも言えます。2016年にシーズン1が配信開始されて以来、熱烈なファンを作り出しているからです。3年前に配信された前作のシーズン3はこれまでに5億8200万時間もの視聴時間を記録しています。

次ページ「E.T.」や「グーニーズ」から影響を受けた世界観
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT