「バチェラー4」最低と最高で評価分かれるワケ

4代目「黄皓」が語るリアリティショーのモラル

Amazonプライム・ビデオで全10話配信中の婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4は「過去最低のモラル」から「過去最高の感動」へと視聴者の評価が大きく変わる(写真:Amazonプライム・ビデオ)
この記事の画像を見る(4枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

4代目バチェラーは再生の旅

Amazonプライム・ビデオの看板番組の1つ、婚活リアリティショー『バチェラー・ジャパン』の最新シーズンは「過去最低」から「過去最高」へと視聴者の評価が変わるほど見せ場十分の全10話でした。その分、視聴者の反応も熱狂的になりがち。4代目バチェラーを務めた中国出身の実業家である黄皓(こう・こう)さん本人はリアリティショーそのものをどのように捉えているのでしょうか。

この連載の一覧はこちら

『バチェラー・ジャパン』はアメリカの人気番組の日本版。「バチェラー」と呼ぶ、成功を収めた1人の一般独身男性を巡って、パートナーの座を勝ち取るために、結婚適齢期の女性たちが競い合う「婚活サバイバル番組」です。制作費をかけて、非日常的な環境を作り出し、デートの舞台はヘリコプターやクルーザーなど豪華さも売り。各々正装で決めたカクテルパーティー後に執り行われる「ローズセレモニー」ではコマを進む女性にバチェラーから番組を象徴するローズが渡されるというお決まり事があります。わかりやすいルールが詰め込まれた番組フォーマットであることも人気の理由にあります。

2017年2月のシーズン1の配信からシーズンを重ねるたびに反響を呼び、バチェラーはもちろんこと、一般参加の女性ひとりひとりにも注目が集まり、リアリティショーの中で知名度の高さは1、2位を争います。出演後の動向まで報じられることも多々あり。2019年秋公開『バチェラー・ジャパン』3に出演し、番組初の“バチェラー婚”にまで発展した実業家の友永真也さんとブドウ農家の岩間恵さんは“しんめぐ夫妻”として今もなお話題を提供しています。そして、バチェラーファンを着実に増やしてきたわけです。

次ページバチェラーファンの間では知られた人物
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT