韓ドラ「地獄が呼んでいる」初登場世界1位のワケ 

イカゲームに続きNetflixトップの韓国の勢い

Netflixで全世界独占中の韓国ドラマ新作『地獄が呼んでいる』。配信直後のNetflix全世界視聴時間ランキングで1位を獲得した(画像:Netflix)
この記事の画像を見る(6枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

世界ヒット映画『新感染』監督が手掛ける

韓国発Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』が11月19日に初登場するや否やNetflix全世界ランキング1位の視聴時間を記録しました。『イカゲーム』に続き、韓国旋風の勢いが止まりません。なぜ今、韓国ドラマに注目が集まっているのでしょうか。

この連載の一覧はこちら

『地獄が呼んでいる』はNetflix韓国が目玉のひとつに挙げていたオリジナルシリーズとして、発表当初から話題になっていました。それというのも、世界40カ国で公開されて興行収入約6000万ドル(約67億8000万円)を記録したゾンビヒット映画『新感染・ファイナルエクスプレス』(2016年)の監督ヨン・サンホが手掛ける新作だったからです。これに加えて、年間5億ドル(約565億円)に上るほど、Netflixにおいてアジアでは最もコンテンツ投資額が大きい韓国でヒットメーカー監督を起用した新作となれば、スケールのうえでも注目度は上がります。恋愛ものからダークミステリーまで、世界トレンドを押さえながら今やジャンル豊富な韓国コンテンツから今度はどんなストーリーが展開されるのか。そんな意味でも期待できる作品でした。

死を宣告された罪人は、ハルクのような巨大な悪魔に燃やされ、地獄に送り込まれるという設定の超常現象をテーマにした作品になる(画像:Netflix)

実際、期待通りの出だしです。『地獄が呼んでいる』のテーマは超常現象です。作品冒頭から、それはソウルの街中で突然起こります。緊張した面持ちの男がカフェで座っていると、どこからともなく現れたハルクのような巨大な悪魔に襲われます。散々痛めつけられた後に燃やされ、地獄に送り込まれてしまいます。この時点ではこれが何を意味するのかわかりませんが、ディストピアの世界へと引き込まれていきます。

次ページストーリーは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT