韓ドラ「地獄が呼んでいる」初登場世界1位のワケ  イカゲームに続きNetflixトップの韓国の勢い

✎ 1〜 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 58 ✎ 最新
拡大
縮小
人気韓国ドラマ『梨泰院クラス』でコメディ演技をみせたリュ・ギョンスが今作では悪役を演じている(画像:Netflix)

作品が生まれた背景を知ると、さらに納得させられます。ドラマ脚本のみならず、原作そのものもヨン・サンホ監督と漫画家のチェ・ギュソクが共同で手掛けています。「ウェブトゥーン」と呼ぶ韓国発のウェブ漫画で展開されたときから「衝撃的な作品」と評価されていました。読者からは「ウェブトゥーン史上最高傑作」「想像を超える作品」などとコメントが寄せられていたとか。そんな伝説的なウェブトゥーンの原作づくりの段階から実写の連続ドラマ化を見据えていたそうです。

なお、日本では双葉社が日本語版権を購入し、日本版が出版されていますので、原作を読み始めた人も多そうです。アメリカでは『スター・ウォーズ』などのライセンス作品を出版しているダークホース・コミックス社が英語版を購入し、世界配信しています。これが大きく影響し、フランス、台湾、ブラジルの出版社も購入を決め、作品ファンの裾野はますます広がっていきそうです。

配信直後3日間で視聴時間4348万時間に

韓国コンテンツの勢いが止まらない。それを色濃く印象づける話題が続いています。話題だけでなく、今回のNetflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』においても数字でしっかり実力も示しています。Netflixが11月16日より公開し始めた人気映画とシリーズのトップ10ランキングリスト「Top 10 on Netflix」によると、同作が全世界配信された直後の11月15日~21日の1週間の集計値の段階で、世界1位の視聴時間を記録しました。配信後わずか3日間で視聴時間が4348万時間に上り、2週目に入ってもその数は伸びています。

その1週間(11月15日~21日)の集計値の詳細をみていくと、『地獄が呼んでいる』に限らず、非英語作品ランキングの中で韓国ドラマが上位10作品のうち、4作品もランクインしていることも注目すべきでしょう。引き続き『イカゲーム』は視聴時間を伸ばしているほか、韓国公共放送局KBSのロマンス時代劇『恋慕』と韓国最大手財閥のCJグループ傘下のテレビチャンネルtvNのラブコメ『海街チャチャチャ』も上位に食い込んでいるのです。

ゾンビ世界ヒット映画『新感染ファイナル・エクスプレス』(2016年)の監督ヨン・サンホが手掛ける新作は期待通りの面白さ。ユ・アイン(写真左)との撮影現場風景(画像:Netflix)

韓国ドラマの他はテレノベラと言われる南米のメロドラマ系も強く、これは世界の番組流通市場でもともと台頭していたことから想定内。やはり、グローバルの視聴者を狙ったNetflixオリジナルからアジア市場を狙ったテレビドラマまで、バリエーションを揃えて韓国ドラマが結果を残したことは予想以上です。日本ドラマは1作品もトップ10に入っていませんから、実力の差を見せつけられます。

『イカゲーム』の世界ヒットから間髪入れずに『地獄が呼んでいる』が韓国ドラマの強さを証明している事実の受け止め方はさまざまかと思いますが、少なくとも作品そのものは没頭できること間違いなしです。最終話では謎の部分が残されているため、シーズン2があるのかどうか、そこは気になるところ。続きは原作のウェブトゥーンでまずは描かれる計画です。

長谷川 朋子 コラムニスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

はせがわ ともこ / Tomoko Hasegawa

メディア/テレビ業界ジャーナリスト。国内外のドラマ、バラエティ、ドキュメンタリー番組制作事情をテーマに、テレビビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は番組コンテンツの海外流通ビジネス。フランス・カンヌで開催される世界最大規模の映像コンテンツ見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、日本人ジャーナリストとしてはこの分野におけるオーソリティとして活動。業界で権威ある「ATP賞テレビグランプリ」の「総務大臣賞」の審査員や、業界セミナー講師、札幌市による行政支援プロジェクトのファシリテーターなども務める。著書は「Netflix戦略と流儀」(中公新書ラクレ)。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT