Netflixが「燃え殻さんの小説」を映画化した事情

「森山未來」「伊藤沙莉」で90年代の渋谷を再現

作家・燃え殻のベストセラー本が原作のNetflix映画『ボクたちは大人になれなかった』全世界独占配信中。主演の森山未來(写真左)とヒロインの伊藤沙莉が90年代の原宿・渋谷の街を歩くシーンは見どころの1つ(写真:Netflix)
この記事の画像を見る(4枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

cakes発ベストセラー本を映画化

Netflix日本が長編映画のラインナップを強化し始めました。11月5日から劇場公開と同時に全世界独占配信開始された恋愛青春映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』はそのうちの1本です。主演に森山未來、ヒロインに伊藤沙莉を迎え、人気小説を映像化。原作の売りでもある「エモさ」は “日本らしいストーリー”として成立しているのでしょうか。

この連載の一覧はこちら

原作は作家・燃え殻による同名タイトルの小説。ウェブメディアcakesの人気連載が書籍化されて、ベストセラー本となった話題作です。NetflixとC&Iエンタテインメントが組んで映画化が実現するや否や、国内市場のみならず、Netflixを通じて全世界に届けられています。今どきのコンテンツ流通の波に乗った作品と言えるものです。

内容はというと、テレビ局の下請け制作会社に勤める主人公・佐藤(森山)が1990年代から現代まで25年間の自身の恋愛と友情を物憂げに振り返っていくもの。冒頭、佐藤は「46歳、つまらない大人になってしまった」と嘆いています。一言で「中年の危機」とは片付けられない何かが絡み合っているようで、複雑で捉えにくい国民性を表しています。例えば、同じテーマでもブラッド・ピット率いるプランBエンターテインメントが製作したベン・スティラー主演映画『47歳 人生のステータス』のようなネガティブ要素を華麗にポジティブに転換していく類いのハリウッド映画とは明らかに違います。主人公の性質そのものが日本らしいのです。

次ページ25年前の元カノの存在
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT