ネットフリックス、1年で「WOWOW超え」のなぜ

オリジナル作品強化、携帯との提携強化実る

日本の会員数を大きく伸ばしているネットフリックス。写真は2019年10月に秋葉原で開催されたイベント「Netflixアニメラインナップ発表会2019ー2020」(撮影:今祥雄)

「私たちはここ日本に約300万人の会員がいます、そしてそれは増え続けています」

Netflix(ネットフリックス)の日本法人代表も務めていたグレッグ・ピーターズCPO(プロダクト最高責任者)は9月6日に開いた記者説明会で、日本におけるネットフリックスの会員数を初めて公開した(2019年8月時点)。しかし、ピーターズ氏にとって300万人という数字は、あくまで通過点にすぎなかったようだ。

1年間で会員数を130万人増やす

この300万人という数字は極めて大きい。日本テレビの子会社Huluの会員数は202万人(2019年3月時点)。会員数286万人(同10月時点)を誇る衛星放送WOWOWをも上回っている。

しかし、それ以上に驚くべきは前年度比77%増という伸び率の高さだ。Huluの日本における2018年度の伸び率が11%増だったことからも、1年間で会員数を約130万人増やしたネットフリックスの急成長ぶりが見てとれる。

会員数増の要因の1つはコンテンツだ。今でこそ、山田孝之主演の「全裸監督」に代表されるような日本発のコンテンツも多く存在しているが、2015年のサービス開始当初はそうではなかった。当初アメリカのオリジナルコンテンツは充実していたが、日本オリジナルのコンテンツは少なかった。

しかし、今ではドラマやアニメなど、テレビ局顔負けの日本オリジナル作品を提供している。Amazon Primeビデオの松本人志を起用した「ドキュメンタル」や、Huluの地上波人気ドラマ「あなたの番です」の番外編などと対等に戦えるようになってきている。

次ページ一流クリエーターを集め、コンテンツ強化中
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。