ネットフリックス、1年で「WOWOW超え」のなぜ オリジナル作品強化、携帯との提携強化実る

拡大
縮小

ネットフリックスは日本において、今年9月から1年間で16ものオリジナル作品を公開すると発表している。日本の一流クリエイターを集め、コンテンツ強化を図っている。

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」などを手がけた櫻井大樹氏(撮影:今祥雄)

ネットフリックスでアニメ作品を統括するチーフプロデューサーの櫻井大樹氏はその1人。制作会社プロダクション・アイジーで「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」や「精霊の守り人」などの脚本を手がけた実績を持つ。

櫻井氏は「漫然と加入するのではなく、観たい作品があって加入する人が増えている。そのいくつかはアニメ作品だ」と、アニメの会員数増に大きく貢献したと説明する。

そして今、このネットフリックスのアニメ作品がさらなる進化を遂げようとしている。今までは「ネットフリックスだけで見られるといっても配信権を独占しているだけで、制作しているわけではなかった」(櫻井氏)が、今後はネットフリックス自身が制作費を負担し、制作に直接関わった作品が登場してくるという。

忖度せずに、クリエーティブファースト

2020年公開予定の「エデン」はネットフリックス制作の国内アニメ第1弾だ。櫻井氏自身が脚本から監督の選定、作画の手法まで決定に携わった。制作会社に丸投げするのではなく、ネットフリックスも一緒になって制作する。

複数社が制作費を負担し合う製作委員会方式ではなく、ネットフリックスが制作費を直接出すことによって、「忖度をしなくていい。クリエーティブファーストで、(さまざまな表現に)踏み込むことができる」(櫻井氏)という。

さらに、テレビとは違って放送時間が決まっていないため、作品の話数や時間なども自由に決めることができる。これはクリエーターにとって魅力的で、コンテンツ強化に不可欠な人材獲得にも好循環を与えているようだ。

次ページKDDI、家電メーカーと提携
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT