「きのう何食べた?」万人から愛される納得の理由 最大の魅力は2人の愛が「加点方式」なこと

拡大
縮小
同作はなぜ万人に愛される作品になれたのか?(写真:劇場版『きのう何食べた?』公式サイトより)

「ゲイの男性」の描き方が変わってきた

5~6年前まで、テレビドラマにおけるゲイの男性の描き方は、基本的に画一的だった。あくまでスパイスとしての役割であり、ステレオタイプに描かれてきた。

「女言葉で毒舌を吐き、懐の深さで人生相談に応じる」「若い男性や二枚目を狙うため、男から怖がられる」「女性に厳しく辛辣、男性には甘い」「女装や派手な服が定番」などなど。「男が好き=女のようにふるまう」という決めつけの前提があり、デフォルメされて色物扱いに。好きになる対象が男である、というだけなのに、「異」の存在として描かれる傾向が強かった。

今は違う。ごく当たり前に日常生活を営む。特殊な存在ではなく、どこにでもいる人として描かれるようになった。女装でも女言葉でもないノンケの男性がゲイの男性を好きになって、戸惑いながらも恋に落ちていく過程を丁寧に描き、空前のヒットとなったのが、田中圭主演の『おっさんずラブ』(2016・2018、テレ朝)だ。映画化し、シチュエーションを変えた新装版(2019)も制作。コミカルな展開だが、男たちの男たちによる男たちだけの恋愛ドラマとして人気を博した。

また、童貞の主人公(赤楚衛二)が「人の心を読める力」を授かってしまったがために、同僚の男性(町田啓太)の優しさに惹かれていく心模様を描いたのが、『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(2020・テレ東)だった。

この背景には、日本の賢くて想像力豊かな女性たちがいる、と私は思っている。彼女たちがひっそりと、しかし堅実に着々と育てあげてきた「BL文化」がドル箱メジャーコンテンツとして花開いたため、テレビドラマにいい影響を及ぼした、と。今こうして楽しめるのも、腐女子の皆さんのおかげやで。

ただし、この2作は恋の入り口を描いていて、若さとときめきを重視した「ノンケとゲイの初めて物語」。人を好きになる尊さが主軸で、その先に続く日常にはたどり着いていない。で、ようやく今回のお題『きのう何食べた?』である。

次ページ最大の魅力は2人の愛が「加点方式」であること
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT