深田恭子「20年主役を演じる」圧倒的したたかさ

カワイイ文化を牽引した「奇跡のアラフォー」

女優としてキャリア20年を超える深田恭子。平成から令和にかけて主役を演じ続ける彼女の魅力とは?(写真: 時事)

大口を開けて笑ったり、目をむいて怒ったり、顔をくしゃくしゃにして泣き叫ぶようなことは、ほぼしない。表情筋は1ミリも動かさず、感情をあらわにもせず、つねに「小首をかしげてキョトン」とする。悲しくてもキョトン、切なくてもキョトン、悔しくてもキョトン。何が起きてもキョトン一本槍の専売特許。ゆるふわヒロイン界の女王、深キョンこと深田恭子である。

過去20年、ドラマの主演を張り続け、キャリアを重ねたアラフォー世代となった深キョン。今期のドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ)では何もかもが微妙なアクションコスプレイヤー枠として、話題をかっさらっている。

たいてい、深キョンの新ドラマが始まると、ネットニュースでは必ず「カワイイ!」「奇跡のアラフォー」などの文字が躍る。いつまでも若くてカワイイ容姿だけが話題となり、演技については何ひとつ語られない。そんな深キョンについて、考えてみる。

恋人同士から親子へ

ドラマ出演作は多岐にわたり、キャリアも長い深キョンだが、見た目も演技も「変わらない」ことで知られている。その変わらなさを証明するために、今回「ルパンの娘」で共演している渡部篤郎と比べてみよう。

実は、2002年に「First Love」(TBS)で、深キョンと渡部は共演している。しかも初恋の相手である。高校生だった深キョンは教師の渡部に恋をする。淡い恋心をぶつけ、教室でキスまでしたものの、渡部は急に学校を辞めてしまい、行方知れずに。5年後に再会したのだが、なんと渡部は深キョンの姉・和久井映見の婚約者になっていた……という話だ。

恋愛モノだが、和久井が淡々としたサイコパス風味に仕上がっており、深キョンも渡部も、そして家族までも翻弄する。姉と妹で同じ男を取り合うという悲劇なのだが、渡部と深キョンは当時、恋仲を演じていた。

次ページ変わる渡部篤郎、変わらない深キョン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT