安藤サクラ「NHKの伝統さえ破る」底知れぬ実力

やさぐれ女優が「国民的女優」になれた理由

さまざまな「女」を演じてきた、安藤サクラの「やさぐれ」の魅力について語る(写真:Emma McIntyre/getty)

「萬平さん!」「萬平さん……」「萬平さん♡」

ヒロインが愛する夫の名を連呼しまくる朝ドラ「まんぷく」(NHK総合)。初めは違和感を覚えていたものの、もうすっかり慣れた。安藤サクラ演じる福子は、夫の才能を信じ、精神的にも経済的にも支えて、身を粉にして尽くす優秀な妻である。そもそも彼女がこの手の「昔気質な滅私の女」を演じることに疑問を抱いていた。

奥田瑛二と安藤和津の娘として、かなり恵まれた芸能界人生を歩き始めたサクラ。映画に多く出演し、主演作も多数ある。期待されてきたのは、脱ぎっぷりのよさと心の闇。あるいは底辺と狂気の二刀流。新興宗教や反社会勢力が似合うただずまいでもある。小綺麗に着飾ってお膳立てされた舞台ではなく、いかにやさぐれるか、いかに背負わされるかを主戦場にしてきた強みがある。

だから、朝の顔になって、「ああ、私の好きなやさぐれサクラが封印されてしまうのか」とまで思っていたのだ。

「容貌を武器にしない」独自路線

女優界には「容貌重視の着せ替え人形で、人生勝ち組の女しか演じられない」人材が多い。たいていが大きい事務所所属、いつまでも若さと美しさしか報じられない気の毒な女優が多い中、サクラは異なる路線で生きてきた。演じることができる役柄の「増幅」が大きく、今や映画界だけでなくドラマ界も席巻。この幅と流れについて、勝手に検証してみたい。

つねに完璧なスタイルでハイブランドに身を包み、高飛車に振る舞い、周囲を巻き込みつつ何事も解決に導くデキる女、なんてイメージは一切ない。逆だ。サクラは美しく見せようなんてこれっぽっちも考えていない。アイデンティティからして違う。

くたびれたTシャツを無造作に着た猫背に、つっかけサンダルがよく似合う。世の中に対して斜に構え、不幸と不運を呪う。実際、社会にものすごく傷つけられてもいる。隙あらば文句を言う。揚げ足も取る。なんなら友人の男も寝取る。人間関係に波風立てて、開き直ることもある。やさぐれ、あばずれ、文句たれ。それでも、したたかに生き抜く女の代表格が、サクラだった。

次ページ「汚れ役」もいとわない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。