安藤サクラ「NHKの伝統さえ破る」底知れぬ実力

やさぐれ女優が「国民的女優」になれた理由

例えば、映画『その夜の侍』では、やさぐれているが陽気でぶっとんだホテトル嬢役が印象的だった。妻の死からいつまでも抜け出せない主人公(堺雅人)と対照的な立ち位置である。また、『クヒオ大佐』では同僚女性(満島ひかり)の彼氏を寝取るはすっぱな女役を、『娚の一生』では不倫で傷ついたヒロイン(榮倉奈々)の友人で、コロコロと意見が変わる「世間」を暗喩するような役でもあった。

サクラが脇役として出ると、「色を添える」ではなく「墨を添える」感覚がある。善人や正しい人ではないからこそのリアリティが、じゅっと脳裏に焼き付けられるのだと思う。

超短期間で体を絞ったことが話題になった主演作『百円の恋』では、引きこもりニートからボクサーに変身する不器用な女を演じ切った。あまり賢くはない女が、ろくでなしのボクサー(新井浩文)に恋をする。ひとつの作品の中で「愚鈍と俊敏」の両極端を見事に体現。圧巻だった。

かつては好感度も高くなかった

今やCMにも引っ張りだこの人気者ではあるが、一般的に、好感度が高いタイプの女優ではなかったのも確かだ。口の中に綿を詰めたかのような話し方にやや鼻濁音調の声、眉間が広くて決してイマドキの顔ではない。「突拍子もない無邪気さがいかにも甘っちょろい2世芸能人っぽくて苦手だ」という女性も私の周りにいた。ま、そこは十人十色ということで。

私は劇中のやさぐれサクラが好物だ。脱ぎっぷりとやさぐれで言えば、同じ類の尾野真千子も好きだし、脱ぎっぷりに気骨ある2世芸能人の類で言えば、寺島しのぶも好きだ。ただし、テレビドラマ界は制限や自粛に忖度だらけ。彼女たちの持ち味は「個性派」「実力派」の一言で片付けられて、活かされない。見たいサクラは映画で見るしかない。一時期、テアトル新宿でサクラ作品ばかり見に行った記憶がある。それくらい諦めていた。

ところが、だ。サクラのドラマ街道を切り拓いたのは、やはりというか案の定というか、みなさまのNHKだった。

次ページNHKの功績に拍手!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。