清原果耶「天才女優」と言っても過言ではない理由

モネの成功も納得!唯一無二の彼女の存在感

朝ドラ『おかえりモネ』の主役をつとめる清原果耶さんの魅力を徹底解説(写真:時事通信)

10代は小さな絶望の連続だ。何者でもない自分にいちいち絶望し、言葉にならない苛立ちや不安を抱え、夢や希望や可能性が少しずつ削り取られていく。それでも諦めるのはまだ早いと言われ、頑張ることしか要求されず。覇気がないとダメ出しされて、諦観も達観もできない自分をもてあまし、斜に構えてしまう。思春期のモヤモヤは「未完成の自分に対するジレンマ」である。

そんな未完成な人物を、こうも繊細に表現できるものかと思う俳優がいる。清原果耶だ。瞬時に見せる剝き出しの感情にはっとさせられたかと思えば、内に秘めて煮込みすぎたような、言葉にならない感情を繊細にあぶり出すときもある。現在、NHKの朝ドラ『おかえりモネ』でもヒロインを演じている清原の「未完の魅力」について振り返ってみようと思う。

女中→妹→ヒロインへの跳躍

清原と言えば、全国的には朝ドラのイメージが強い。

まず、2015年の『あさが来た』では、ヒロインのおつきの女中・ふゆを演じた。ヒロインの夫・新次郎(玉木宏)にほのかな恋心を抱く、近年まれにみる純粋な女中の役だった。そして『なつぞら』(2019年)ではヒロインの生き別れの妹・千遥(ちはる)の役。天涯孤独の人生を幼い時に強いられた、やや陰のある娘だった。

天真爛漫かつ順風満帆なヒロインとの対比で、朝ドラには不可欠な「不遇な女子」を演じてきた清原。ある意味で、ヒロインより思いを寄せてしまうというか、印象に残る役どころといってもいい。なんとなく、ふゆちゃん、ちはるちゃんと役名が出てくるしね。

『おかえりモネ』では念願のヒロイン・百音(ももね)に昇格。ただし、通常の朝ドラヒロインにありがちな元気はつらつ、ではない。東日本大震災で何もできなかった自分に対して無力感を抱えた、ちょっと鬱屈トラウマ系ヒロインなのだ。

この3段階の跳躍には納得がいく。清原はモヤモヤ表現の天才なので、カラ元気の押し売りみたいなヒロインだったらどうしようと思っていたから。定番の朝ドラが好きな人は「モネはモヤモヤしすぎ!」と思うかもしれない。

私もどちらかといえば、ガッツと気骨があふれるド根性ヒロインのほうが好きなのだが(『カーネーション』の尾野真千子とか『ごちそうさん』の杏とか『スカーレット』の戸田恵梨香とか『おちょやん』の杉咲花とかね)、清原のモヤモヤは決して嫌いじゃない。そのモヤモヤがスッキリと晴れ渡る日を心待ちにしているのだ。

次ページ時折、ムキになる百音の「未完の魅力」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT