「バチェラー4」最低と最高で評価分かれるワケ 4代目「黄皓」が語るリアリティショーのモラル

印刷
A
A

シーズン4に突入した最新シーズンは2021年11月25日からAmazonプライム・ビデオで独占配信がスタートし、12月16日に最終話が配信されたところ。4代目バチェラーの黄皓さんと言えば、既にバチェラーファンの間では知られた人物でした。バチェラー男女逆転版の2020年秋に配信された『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に出演し、バチェロレッテの福田萌子さんに最後の最後で振られてしまった方だったからです。「あのときの後悔を活かして、自分にとって再生に繋がる旅にしたい」という気持ちで臨んだ黄さん。バチェロレッテのときとは印象さえ変わるような弾けた姿を見せていました。

あざとい女性たちの恋愛戦略

バチェラーファンの一部から「過去最低のモラル」と言われてしまうほど、物議を呼んだシーンも満載でした。複数の女性と交わすキスやハグ、お泊まりがこれまでのバチェラーとは異なる流儀だったことが要因です。海外のリアリティショーでは当たり前の光景ですが、紳士的な男性像を求めがちの日本では少々刺激が強かったのでしょうか。これについて黄さんに直接尋ねたところ、率直な答えが返ってきました。

「自分が思った通りに動くのが正解なのか、向き合ってくれるすべての女性のことも考えながら進むのが正解なのか、そして番組としての正解は何か、葛藤は多かったです。でも、自分の素を見せて、隠し事なく出し切るからこそ、人間っぽい。キレイなものを見たければ、韓国ドラマを見ればいいわけで、非合理性をそれぞれの価値観で楽しむのがリアリティショーの醍醐味だと思っています」

そもそも恋愛は非合理的。嫉妬や不安を見せる場面は視聴者が感情移入しやすく、モラルに対する考えの違いは大きく出やすいのです。

一方、このキス事件を取り巻くゴタゴタはかえって参加女性の中から“推し”を生み出しやすい構造が作り出されていたとも言えます。キャラクターが強調され、各々の恋愛戦略の考え方さえも見えてきたからです。バチェラーに選んでもらうために待ってばかりの作戦だけでなく、引き技や攻め時の狙いなど、女性たちのあざとい心理戦も楽しめるものになっています。

『バチェラー・ジャパン』最新シーズンで4代目バチェラーを務める黄皓さん(写真右)。白川理桜さんら参加女性と向き合う旅を展開する(写真:Amazon プライム・ビデオ)

そんな恋愛上手な女性から恋愛未経験者まで、バチェラー4に出演した参加女性は過去最多の応募数約1700名から選ばれた15名(後から2名追加、計17名)で構成されています。あざとい女性代表は元アイドルのパン教室講師の休井美郷さん(30歳)とマツエクサロン経営の中野綾香さん(29歳)のツートップ。「どうせ、私がナンバーワン」がキャッチフレーズのインフルエンサー桑原茉萌さん(23歳)のキャラクターの強さも目立ちます。鍼灸師の藤原望未さん(25歳)やアニメーション会社勤務の白川理桜さん(27歳)、建設事務所事務の青山明香里さん(24歳)、パーソナルトレーナーの秋倉諒子さん(30歳)は内面からも醸し出される美しさゆえに推しが多そうです。

次ページ参加女性も主役
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT