寒い場所と暑い場所で、ゴルフは大違い

3つのポイントを押さえておこう

そして3、それぞれの芝種に合った打ち方があり、それを習得するとスコアアップにつながります。特に変わるのがアプローチとラフからのショットです。抵抗が弱い芝はクラブヘッドが抜けやすいので、サッと振るだけでボールは飛んできます。芝の抵抗が強い場合は、サッと抜けないので、抜ける打ち方をします。

それには、どちらもインパクトで打ち込まず、後ろの芝ごとクラブのソールで地面と平行に滑らすように振り抜くのです。そうすると芝の抵抗が少なく抜けやすいので、距離感も出ます。距離の長いラフからのショットはフェースをまっすぐ構え、短いアプローチではクラブフェースをオープンに開きます。この打ち方はひざと腰がポイント。どちらもソールを滑らすために、ひざの高さを変えず腰の回転を止めずに振り抜くことです。

時代が変わってもホールの攻め方は不変

気温で変わるボールの飛距離や、場所で変わる芝種、そしてそれに合った打ち方があります。それらがわかればゴルフがより楽しめます。でも、変わらないなあと思うことが一つあります。時代が変わって、ボールの飛びが格段に増し、クラブが大いに進化しても、変わらないのは攻め方です。

ホールに対していちばん良い攻め方は普遍だと思います。その攻め方の基本パターンは三つ。1.いちばん良い場所はどこかを見つける。2.いちばん行ってはいけない場所を把握する。3.まずまずの場所はどこかを確認する。つまり、1.と2.以外の場所です。これを頭にたたき込んだら、クラブを抜いて、最高の場所めがけて思いっきりスイングする。アドレスした時点で、ボールの飛ぶ方向は7割決まるので、あとは思い切りだけです。

週刊東洋経済 1月31日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT