(第61回)2012年度新卒採用動向調査【前半戦】 企業の動向編1

●意外に少ないプレエントリー数と合同説明会などでの訪問者数

図表4:プレエントリー数の増減

 母集団形成について見てみよう。まずプレエントリー数だが、10年度から11年度にかけては急増し、単純集計で半数の企業が「昨年同時期より多い」と回答したが、今年は「多い」は31%と意外に少ない。
 逆に「昨年同時期より少ない」と回答した企業は、昨年は4%と非常に少なかったが、今年は16%に増えている。そして「昨年並み」は15%から24%に増大している。
 「とりあえずプレエントリー」が「失敗就活」につながるという指摘はかなり広まっており、キャリアセンターも指導しているから、それが学生の自重を促しているのかもしれない。

図表5:合同セミナーでのブース訪問者数

 次に、合同セミナーや大学主催の学内説明会のブース訪問者数を見てみよう。「少ない」と回答した企業は昨年とほぼ変わらず。「昨年並み」は12%から25%と倍増し、「多い」は32%から25%に減少した。もっともこの数年は「昨年より多い」と回答する企業がとても多かったから、数が高止まっていることを示しているのかもしれない。
 また後ほど触れるが、アンケートのコメントを読むと、使用する就職ナビを変更した企業が少なくなかったようだ。そのこともプレエントリー数やブース訪問者数の変化につながっている可能性もある。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。