(第61回)2012年度新卒採用動向調査【前半戦】 企業の動向編1

●学生の質に関する賛否の評価

図表6:学生の全体的な質

 「学生の質が低下」していることはすでに常識。しかし採用担当者の目から見ると、それほど否定的ではない。12年卒学生の質について半数が「昨年並み」と回答している。11%が「下がった」と回答しているが、5%は「上がっている」としている。
 ただし、「5001名以上」の企業は質の低下を強く感じており、30%が「下がった」と回答している。求めるハードルが高く早期の学生接触が多いことが理由だろう。

 「質が下がっている」と回答した採用担当者のフリーコメントをいくつか紹介しよう。

 ・自己分析や業界研究などの情報収集に対する積極性が低い。説明会に参加しても一方的な説明に耳を傾けているだけで、自分から質問を投げかける学生は非常に少ない。(建設・設備・プラント)
 ・友達と一緒に活動している印象が強い。合説はもちろん、プレエントリーもほぼ同じ時間に同じ大学・学部・学科の学生からあることがある。(百貨店・ストア・専門店)
 ・文章作成能力のさらなる低下。記号や顔文字などを平気で使っている。(フードサービス)
 ・全員が早くから就職活動を行っている(昨年は本当に意欲の高い学生が早めに動く傾向)。受付に対してあいさつがなく、素通り。会社の前でたばこを吸う。1人で説明会に参加しない(知り合いと一緒)。(ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設)

 好意的な意見もある。「質が上がっている」とする採用担当者のコメントも紹介しておこう。

 ・セミナーの場でメモを取る学生の数が圧倒的に増えた。また、質問も多く出る。(鉄鋼・金属製品・非鉄金属)
 ・年内にもかかわらず、積極的に企業にかかわろうという意欲が見える。文系のみならず理系学生にも同様に意識の変化が見られる。(電機)
 ・昨年がひどく感じた。今年の学生たちは頑張っている印象。しかし、5年ほど前に比べると、ここ2~3年は明らかに粘りの足りない学生ばかりになった。(情報処理・ソフトウェア)
 ・昨年のTwitterから今年のFacebookの活用に至る流れを見ると、情報発信能力の高い学生が年々増えていると感じる。(情報サービス・インターネット関連)

●単純に買い手市場とは言えない「質」の戦い

図表7:採用の手応え

 今回の調査で「採用の手応え」がかなり大きく変化した。「質・量とも苦戦」が昨年7%から今年12%と増加し、「量は問題ないが質で苦戦」が昨年43%から今年29%に減少した。「質の高い学生に絞るため、量では苦労しそうだ」は8%から12%に、「質・量ともに苦戦しそうだ」も7%から12%に増えている。
 つまり「質」だけでなく「量」も問題にする企業が増えている。「基準に達しなければ採用しない」という姿勢では、欲しい水準の学生を確保できなくなっているのかもしれない。
 とくに「5001名以上」は「質・量ともよい学生が採用できそう」は0%という厳しい認識を示している。

 学生の厳しい就活環境が報道されており、12年度採用は買い手市場に見えるが、内実はそう単純ではないということになる。企業はこれまで以上に学生の質を追求しており、質を確保しようとすれば、学生優位になってしまう、と分析できる。逆に言えば、就活に苦闘する学生は今年以上に多くなりそうだ。

次回は、ターゲット採用の現状を中心にお伝えする予定である。

※誤解を招く表現・図表が含まれておりましたので、一部原稿を削除いたしました。
HRプロ株式会社(旧社名:採用プロドットコム)
(本社:東京千代田区、代表取締役:寺澤康介)
人事のプロを支援するポータルサイト「プロ.com」を運営。新卒/中途採用、教育・研修、労務、人事戦略などの業務に役立つニュース、ノウハウ、サービス情報、セミナー情報を提供している。HR担当者向けのセミナーも東京・大阪で開催している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。