吉田カバンの売れ筋に見た「仕事バッグ」の最新事情 新年度の春は売れやすく「気分転換の買い替えも」

印刷
A
A
PC持ち運びが増えて、背負い型にした人、密を避けて自転車通勤になった人もいる(写真:吉田カバン)
この記事の画像を見る(6枚)

「ランドセル型のバッグを愛用していますが、同じブランドのリュック型が欲しいです」

使っているバッグについて聞いた、30代の男性会社員からは、こんな答えが返ってきた。

「理由は気分転換です。今は『マザーハウス』の黄土色っぽい革製ランドセルですが、そのバッグが使い始めて長くなってきたので。今度はシックな藍色のリュックを考えています」

こうした買い替え需要もあり、4月は12月と並び、1年で最もバッグが売れる時期だ。

そこで今回「仕事用バッグの選び方」を、第一線で働くビジネスパーソンに聞くとともに、選ぶ際のポイントを吉田カバン(※)に教えてもらった。

同社は1935(昭和10)年の創業。今年で創業87年の老舗で、商品の耐久性など品質に定評がある。主力ブランド「ポーター」(PORTER)は、長年にわたり社会人にも人気だ。
(※)正式社名は株式会社吉田。名称は「吉」の「士」の部分が「土」

今回はマニア向けでなく、ビジネスシーン別に考え、吉田カバンの売れ筋商品も紹介しながら、一般的なバッグ選びを考えた。

「就活生」に人気のバッグは、手提げ型

春は新卒社員が入社する時期だ。この人たちは就職活動で、どんなバッグを選んだのか。まずは、昨年新卒で入社した人に聞いてみた。

「就活を始めるにあたり、黒色の手提げ型のビジネスバッグを買いました。理由は、周りの就活生に合わせるためです。就活生スタイルの一部として、そうしたバッグを持つことが大事だと考えました」(20代の男性会社員)

次ページ学生は冷静に受け止めている
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT