吉田カバンの売れ筋に見た仕事バッグの選び方

「リュックが便利」というユーザーも多いが

スーツにリュックというスタイルは珍しくなくなった(写真:ablokhin/iStock)

3月中旬、「仕事用バッグ」の選び方を、第一線で働くビジネスパーソンに聞いてみた。

「私はリュック派ですが、バッグを選ぶときは、最初にPC(パソコン)がきちんと入るかどうか。そして、たくさん荷物が入るかを基準にします。外出先でもPCを使う機会が多く、仕事柄、紙の資料や本も持ち歩くので」(30代前半。企画職の女性会社員)

「ぼくは、かなり早くからリュックに変えました」

30代後半の男性はこう語る。PR会社の役員でもあり、選び方の変化を明かす。ちなみに立場上、服装はジャケット姿が多いが、バッグは使い勝手を重視する。

「かつては2wayバッグで、日によって、手持ちにしたり肩掛けにしたりしていたのですが、年々荷物が増え、重い中身を支えられるのか不安になりました。そこで大きめのトートバッグに変えましたが、歩行中に電話がかかってくると、すぐに対応しにくい。結局、両手が自由に使えるリュックにたどりつきました。それ以来、リュック一筋ですね」

2019年11月に実施された「吉田カバンの新商品展示会」(画像提供:吉田カバン)

新型コロナウイルスの影響が続くが、4月から新年度を迎える会社も多いだろう。実は例年、3月や4月は、12月とともにバッグが最も売れる時季だ。

今回は吉田カバン(※)にも話を聞いた。創業85年になる老舗、「PORTER」(ポーター)などの人気ブランドを持つ、商品の耐久性にも定評がある、などの理由で選んだ。「仕事用」と言っても、業種や職種、役職も変わるだろうが、一般的な視点で考え、メーカーのこだわりも紹介しながらバッグ選びを考えたい。

(※)正式社名は株式会社吉田。名称は「吉」の「士」の部分が「土」

仕事でPCを持ち歩くかどうか

「仕事用であっても、現在は圧倒的にカジュアル化が進んでいます。根底にあるのは職場意識の変化。かつては固い業種と言われた金融機関や公務員でも、例えばスニーカー出勤が認められるなど、通勤スタイルも変わってきました。当社のお客さまでも、PCが入れられて、背負えて、本体が軽い――という商品を求める方が多いですね」

吉田カバンの阿部貴弘氏(広報部マネージャー)は、最近の傾向をこう話す。

同社では毎年、春と秋に新商品展示会を行う。筆者も視察するが、近年はリュック型も目立つ。「背負える」という意味では3Way(手持ち・肩掛け・背負う)もあるが、「手持ちと背負うだけでよい」と考える消費者が増えたとも聞く。

次ページPC持ち歩くリモートワークにリュックが重宝
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。