吉田カバンの売れ筋に見た「仕事バッグ」の最新事情 新年度の春は売れやすく「気分転換の買い替えも」

印刷
A
A

女性2人が「革製バッグ=気分が上がる」と話したのは興味深い。何年か前には「プレゼンテーションの場でも持参できるバッグが欲しい」という声に応えて、女性向けに新たな革製バッグを開発したメーカーもあった。

また、冒頭で紹介した男性が革製ランドセルを愛用するように、革素材なら上質感も演出できる。スーツ×リュックを好まない人からも支持されているようだ。

吉田カバンには「ポーター タイム ブラック」(7万5900円、税込み)というデイパックがある。メイン素材は革で、全体をブラック一色に仕上げている(写真:吉田カバン)

店舗で選ぶ場合・ネットで選ぶ場合のポイント

最後に「実店舗・ネットそれぞれで選ぶ場合のポイント」を岡田さんに聞いてみた。

「実店舗では、中に何を入れたいか、使用シーンはカジュアルなのか、フォーマルなのか、普段どんな服装で持つかなど、店員さんに具体的に相談するとよいでしょう。お勧めのバッグを手にしてみて、意外に軽い、などを実感できるのは店舗ならではです」

ネットでの選び方については、どうだろう。

「基本はサイトに『探しに来る』のでしょうから、例えば『リュック、パソコン、価格』などのキーワードから検索します。サイズや重さなどのスペックは表示されていますが、具体的なイメージがつかめないかもしれません。私たちもこうした不満に応えようとしています。

手前みそですが、吉田カバンオフィシャルオンラインストアでは、バッグの中が見られたり、別角度から見せたり、人が背負った画像を入れるなど、商品イメージを高められるよう工夫しています」

2020年からは、外出・外食自粛など我慢を強いられてきた。さまざまな規制も緩和されてきた今年の春、新しいバッグで「気分を上げたい」人が増えるかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT