夫との「隠れマック」で息子が激太りして妻は… 両親が「ジャンクフード離婚」した男性の苦難

印刷
A
A
子どもの頃、ジャンクフード好きな父親に連れられてマック通いしていたという男性。しかし「息子の激太り」という理由で、超健康志向な食事観の母親に露見することになり…(イラスト:オオノマサフミ)
「食い物の恨みは恐ろしい」という言葉がある。『食べ物は人間にとって必要不可欠なものであるから、恨みを持たれるようなことはしないに限る』という意味だが、恨みが生まれるのは、何も「取った/取られた」場合に限らない。
そんな『食べ物の恨み』にまつわる体験談を聞きながら、普段、改まって話し合うことのない『食事』や『料理』について、基本楽しく、ときに真面目に考え直す、インタビュー連載第5回。

食の好みは人それぞれ。健康志向で素材にこだわる人がいれば、ジャンクフードをこよなく愛する人もおり、そんな別の宗教とも言える人たちが結婚したら、ややこしいことが起こるに決まっている。

画像をクリックすると本連載の過去記事にジャンプします

「でも、一番の被害者は、そういう両親に挟まれる子どもだと思うんですよね」

そう語るのは、森本彰彦さん(仮名・37歳)。元ミュージシャンで、現在は音楽関連のコンサルティング会社を営む男性である。

ロックミュージシャン歴の長い彰彦さんは、アラフォーになった今も痩せ型の体型。食の好みについても「基本は健康志向で、野菜だけ食べていれば幸せ」「好きなスーパーは成城石井」とのことだが、しかし、小学校時代には短期間で10キロ以上太り、しかもその原因が父親だった……という、一風変わった経験を持っている。

対照的な食事観の両親

彰彦さんは、厳格な性格で、教育ママな専業主婦の母と、出版関係の会社に勤める、趣味人な父のもとに生まれた。「両親はいろいろと対照的な人」だったが、その中でもとくに違ったのは、食事観だったという。

次ページ食のリテラシー高い母vsジャンク大好き父
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT