冷凍食品を恨む43歳彼女を翻意させた2つの誤算 母が料理放棄、冷凍食品ばかりの幼少期を送る

印刷
A
A
料理嫌いな母のもとに育ち、飢えた幼少期を過ごした女性。『突撃!隣の晩ごはん』を見て、涙を流したこともあったそうです(イラスト:オオノマサフミ)
「食い物の恨みは恐ろしい」という言葉がある。「食べ物は人間にとって必要不可欠なものであるから、恨みを持たれるようなことはしないに限る」という意味だが、恨みが生まれるのは、何も「取った/取られた」場合に限らない。
そんな『食べ物の恨み』にまつわる体験談を聞きながら、普段、改まって話し合うことのない『食事』や『料理』について、基本楽しく、ときに真面目に考え直す、インタビュー連載第4回。

今回話を聞かせてくれたのは佐藤真理子さん(仮名・43歳)。ネット関係の企業でマネジャーを務めている女性で、話しぶりにも知的な雰囲気がにじみ出ている。

しかし詳しく聞いていくと、「料理をしない母親のもとに育った結果、冷凍食品やレトルト食品を食べすぎて、逆に強い抵抗感を持つようになる」という、一風変わった過去を持っている。

20余年に及ぶ”食い物の恨み”が、解消されるまでの経緯を話してもらった。

極端に料理嫌いな母、飢えた幼少期

現在は神奈川県に居を構え、共働きの夫、ふたりの娘たちと暮らしている真理子さんだが、高校まで過ごしたのは九州の某県だ。

画像をクリックすると本連載の過去記事にジャンプします

両親は共働きで、子煩悩。とくに母との関係性は、現在に至るまで良好とのことだが、料理する能力に関しては徹底的に欠けていたという。

「自分で言うのもあれですけど、私は母から溺愛されていたと思います。実際、母はいつも私たち子どもと遊んでいるような人で……でもその一方で、とにかく料理をしない人でもありました。

昔から家族で食卓を囲む習慣がなくて、当時何を食べていたのか、ほとんど思い出せません。最初は『そんなものなのかな』と思っていましたが、小学校低学年になる頃には『どうやらうちは変らしいぞ』と感じていましたね」

違和感が確信に変わるのに、そう時間はかからなかった。きっかけは、父方の祖母が亡くなり、祖父と同居するようになったことだった。

次ページ「祖父の食事がない」家庭内で騒動
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT