「話し上手」「作文が得意」な子が育つママの口癖 好奇心を伸ばし信頼関係も築ける毎日の習慣

印刷
A
A
お母さんが子どもに日頃どういう声かけをすると、子どもが「話し上手」「作文が得意」になるのでしょうか? (写真:aijiro/PIXTA)
子どもがよく親に話をしてくれる家庭は、毎日が楽しく明るくなります。また、たくさん話すことがある子は、作文を書くことも苦になりません。そして子どもが「話し上手」「作文が得意」になるかどうかは、日頃のお母さんの声かけに大きく影響されます。3男1女を東大理三に合格させ『子育ては声かけが9割』の執筆者でもある佐藤亮子氏が、母親が子どもにどういう声かけをするべきかを解説する。

まずはどんな話にも「なになに、聞かせて」

子どもが小学校に行くようになってから、「学校や友達のことを全然話さない」「話しかけても、『別に』と言ってまともに答えない」と嘆くお母さんもいます。子どもが成長すると、みんなそのような傾向になりますが、幼児期に子どもの話をしっかりと聞いておくと、子どもが大きくなってからも大事なことを話し合えます。

『子育ては声かけが9割』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

そのためにも、子どもが小さな頃から、話しかけられたらつねに笑顔で話を聞くようにしましょう。どんな話でも必ず耳を傾けてください。子どもはお母さんとお話しするのが大好きで、お母さんに話を聞いてもらいたいのです。

時には、あまりお母さんに興味がない話や、以前も聞いた話をしてくることがあるかもしれません。そんなときにも、「なになに、聞かせて」と笑顔で応じてください。そうすると、子どもはお母さんに話をするのが大好きになりますよ。

「その話、興味がないから話さなくていいよ」とか「その話は前も聞いた。何度も同じ話をしないで」といった言葉はNGです。子どもは自分のことを否定され、拒絶されたように感じて悲しい気持ちになってしまいます。これらの言葉を言い続けていると、最悪の場合にはもう話しかけてこなくなるかもしれません。

子どもが何度も同じ話をしてもいいではありませんか。「この子は、この話を何度もしたいのね」「本当にこの話が好きなのね」などとほほ笑ましく思って、受けとめてあげましょう。

次ページ話し下手でもそのままにしておく
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT