報告・連絡はコンパクトに「3段」で話を作るコツ 「1分で話す」がキモ!打ち合わせの場での話し方

印刷
A
A
ビジネスシーンで成果をあげる話し方のカギは「コンパクトに」だった(写真:kouta/PIXTA)

入念に下調べして熟慮を重ね、内容的には万全だ。なのに、肝心の伝える部分がうまくいかない──。そんな人に知ってほしい。「話し方」にはコツがある。ビジネスシーンで成果をあげるコツとは何か。AERA 2022年4月11日号は「話し方」特集。

相手に伝わりやすい話し方のカギ

必要な情報はそろえたのに、大切なことはすべて頭の中にはあるのに、思うように伝わらない。「話し方」で苦労した社会人は少なくないはずだ。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

大手IT企業で人事を担当する30代男性もそうだ。情報をすべてそろえて提示しているつもりなのに、上司から「君の話はよくわからない」と指摘されることがたびたびあった。男性は言う。

「頑張るあまり空回りして、いつの間にか結論から遠いところで迷子になっていたと思います」

実は、話し方には、シンプルな仕組みがある。Zアカデミア学長で武蔵野大学アントレプレナーシップ学部長の伊藤羊一さんはこう断言する。

「ビジネスシーンでは、いかにコンパクトに話すかがカギです」

それがなかなか難しい。大切な案件ほど「丁寧に説明しなければ」と力が入り、しゃべり続けてしまう。逆に部下から熱くプレゼンされたが、何が言いたいのかよくわからないというケースもあるはずだ。

伊藤さんによると、最重視すべきは、自分の考えを一方的に伝えることではなく、相手を「動かす」こと。そのためには話は短ければ短いほどいいという。伊藤さんが目安とする時間は、ずばり「1分」だ。

次ページ話の組み立て方と話し方
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT