有料会員限定

「物流施設需要のピークは近い」 インタビュー/プロロジス 日本法人社長 山田御酒

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21
拡大
縮小
やまだ・みき 1953年生まれ。76年フジタ入社。2002年プロロジスに入社。シニアバイスプレジデント兼日本共同代表などを経て、11年から現職。(撮影:尾形文繁)

特集「ゼネコン四重苦」の他の記事を読む

ゼネコンによる激しい受注合戦が繰り広げられている物流施設。開発ラッシュは今後も続くのか。米物流施設大手・プロロジス日本法人の山田御酒社長に聞いた。

──物流施設の大量供給は今後も続くのでしょうか。

2022年は関東圏だけで400万平方メートルもの新規供給が計画されている。これは過去最大だ。関西圏でも22年に140万〜150万平方メートルが供給される見込みで、23年は全国的に供給量がさらに増えそうだ。

──EC(ネット通販)が伸びているからですか。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン四重苦
戸田建設 社長 大谷清介/インフロニア社長 岐部一誠
自己資本比率が低い地域別ワースト150社
東北は「需要蒸発」、北海道は「消耗戦」
再エネ、リニューアル、脱請負
都心の大型再開発
住宅新興の勢い加速
「標準化」で他社を圧倒
厳選・集中開発で勝負
逆算営業で挑む年商10兆円
仰天人事の先のシナリオ
経営トップにズバリ問う|清水建設 社長 井上和幸
経営トップにズバリ問う|大林組 社長 蓮輪賢治
経営トップにズバリ問う|大成建設 会長 山内隆司
「割安&好財務ゼネコン」150社ランキング
脅威4 株主からの揺さぶり
脅威2 建設コストの高騰|地方案件も採算性が急下降
脅威3 若者の業界離れ
町役場の工事に大成建設が参戦
脅威1 競争激化|成長市場めぐる異業種間バトル
インタビュー/プロロジス 日本法人社長 山田御酒
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内