有料会員限定

地場ゼネコンの深刻事態 東北は「需要蒸発」、北海道は「消耗戦」

印刷
A
A

受注減少や後継者不足を背景に、自主廃業に踏み切る中小ゼネコンが増えている。

「大手ゼネコンが地方で受注を積極化している。地場のゼネコンは受注できる案件が減り、経営が苦しくなっている」

そう解説するのは、中堅・中小企業のM&A(合併・買収)仲介最大手、日本M&Aセンターの業種特化事業部・前川拓哉ディールマネージャーだ。

建設業のM&A成約件数は2018年度95件、19年度111件、20年度114件と徐々に増え、21年度は4〜9月の6カ月間ですでに77件となっている。前年度を大きく上回り、過去最多を更新する勢いだ。

下図を見てほしい。東京を含む南関東など大都市圏は民間の建築工事(棒グラフの茶色部分)が豊富にある。だが、発注者である施主にしてみれば工事価格は安ければ安いほどよく、民間工事には値下げ圧力がかかりやすい。しかも大都市圏の工事は大型化傾向にあり、受注競争が激化している。南関東の民間工事は18年度から20年度にかけて規模が縮小している。

特集「ゼネコン四重苦」の他の記事を読む

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン四重苦
戸田建設 社長 大谷清介/インフロニア社長 岐部一誠
自己資本比率が低い地域別ワースト150社
東北は「需要蒸発」、北海道は「消耗戦」
再エネ、リニューアル、脱請負
都心の大型再開発
住宅新興の勢い加速
「標準化」で他社を圧倒
厳選・集中開発で勝負
逆算営業で挑む年商10兆円
仰天人事の先のシナリオ
経営トップにズバリ問う|清水建設 社長 井上和幸
経営トップにズバリ問う|大林組 社長 蓮輪賢治
経営トップにズバリ問う|大成建設 会長 山内隆司
「割安&好財務ゼネコン」150社ランキング
脅威4 株主からの揺さぶり
脅威2 建設コストの高騰|地方案件も採算性が急下降
脅威3 若者の業界離れ
町役場の工事に大成建設が参戦
脅威1 競争激化|成長市場めぐる異業種間バトル
インタビュー/プロロジス 日本法人社長 山田御酒
ゼネコン四重苦
序列激変と大和ハウスの猛攻
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内