有料会員限定

中小ゼネコンの深い憂鬱 町役場の工事に大成建設が参戦

印刷
A
A

主戦場の小型工事を大手が侵食。残されたのは厄介者の分譲マンション。

房総半島内陸部に位置する千葉県長生郡長南町。人口は約7600人、公共事業費に当たる普通建設事業費は2021年度の予算ベースで約3.9億円。建設市場における存在感は限りなく小さいこの町に、大手ゼネコンが突如姿を現した。

「まさか大成建設が落とすとは」。地場のゼネコン幹部は動揺を隠せない。21年12月に入札が行われた町役場の建て替え工事での出来事だ。4グループが応札したが、落札したのは大成建設と地場ゼネコン(千葉県市原市に本社)が組んだ企業体だった。

千葉県長南町の小型工事入札結果。大手ゼネコンが触手を伸ばす

特集「ゼネコン四重苦」の他の記事を読む

落札価格の小ささにも驚きの声が上がった。大成のグループが提示した価格は9億7077万円。これはダンピング防止のために自治体が設定した最低制限価格と3万円しか違わない。入札価格が10億円を下回ったのは大成のグループだけだった。

「30億円以下の工事はやりません」。前出の千葉県の地場ゼネコン幹部はコロナ禍以前、大成建設の担当者からこんな話を聞いていたという。大型工事が豊富なため、小粒な案件には手を出さないという意味だ。

だが、21年5月に入札が行われた「新宿区牛込保健センター」の建設工事にも、大成建設の姿があった。他社に落札されたものの、大成の入札金額は29億円だった。

目先の売上高が欲しい

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン四重苦
戸田建設 社長 大谷清介/インフロニア社長 岐部一誠
自己資本比率が低い地域別ワースト150社
東北は「需要蒸発」、北海道は「消耗戦」
再エネ、リニューアル、脱請負
都心の大型再開発
住宅新興の勢い加速
「標準化」で他社を圧倒
厳選・集中開発で勝負
逆算営業で挑む年商10兆円
仰天人事の先のシナリオ
経営トップにズバリ問う|清水建設 社長 井上和幸
経営トップにズバリ問う|大林組 社長 蓮輪賢治
経営トップにズバリ問う|大成建設 会長 山内隆司
「割安&好財務ゼネコン」150社ランキング
脅威4 株主からの揺さぶり
脅威2 建設コストの高騰|地方案件も採算性が急下降
脅威3 若者の業界離れ
町役場の工事に大成建設が参戦
脅威1 競争激化|成長市場めぐる異業種間バトル
インタビュー/プロロジス 日本法人社長 山田御酒
ゼネコン四重苦
序列激変と大和ハウスの猛攻
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内