有料会員限定

生き残りへ待ったなし ゼネコン「次の一手」 再エネ、リニューアル、脱請負

印刷
A
A

新築工事減少が想定される中、ゼネコン各社は新領域開拓に注力する。

清水建設が建造中のSEP船。2021年11月撮影(写真:清水建設)

特集「ゼネコン四重苦」の他の記事を読む

「ゼネコンは『請け負け』の業界」。ゼネコン関係者に浸透している言葉だ。競争激化を背景に低採算工事を請けざるをえない局面がここ数年、ますます増えている。

江戸時代や明治時代に創業した老舗を中心に、ゼネコンが日本全土のインフラ構築を担ってきたことは事実だ。しかし、今後は少子高齢化などを背景に新築工事が減少する時代に入る。これまでのように待ちの姿勢で工事を請け負うのでなく、戦略的に成長領域を見極めていかなければ、やがて行き詰まる。

ゼネコン各社は新たな収益源を求めて新領域の開拓に力を注いでいる。

その筆頭が、再生可能エネルギーに関わる事業だ。スーパーゼネコンの一角、清水建設は洋上風力発電の受注強化を図る。同社の井上和幸社長は「超大型の洋上風力発電所の建設に対応できる、世界最大級の能力を持ったSEP船(自己昇降式作業台船)を2022年10月の完成に向けて建造している」と語る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン四重苦
戸田建設 社長 大谷清介/インフロニア社長 岐部一誠
自己資本比率が低い地域別ワースト150社
東北は「需要蒸発」、北海道は「消耗戦」
再エネ、リニューアル、脱請負
都心の大型再開発
住宅新興の勢い加速
「標準化」で他社を圧倒
厳選・集中開発で勝負
逆算営業で挑む年商10兆円
仰天人事の先のシナリオ
経営トップにズバリ問う|清水建設 社長 井上和幸
経営トップにズバリ問う|大林組 社長 蓮輪賢治
経営トップにズバリ問う|大成建設 会長 山内隆司
「割安&好財務ゼネコン」150社ランキング
脅威4 株主からの揺さぶり
脅威2 建設コストの高騰|地方案件も採算性が急下降
脅威3 若者の業界離れ
町役場の工事に大成建設が参戦
脅威1 競争激化|成長市場めぐる異業種間バトル
インタビュー/プロロジス 日本法人社長 山田御酒
ゼネコン四重苦
序列激変と大和ハウスの猛攻
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内