有料会員限定

快進撃続ける大和ハウス 逆算営業で挑む年商10兆円

印刷
A
A

経営戦略の根底には顧客ニーズを起点にする独自のセオリーがある。

「もはや大和ハウスはハウスメーカーではない」

大成建設の元社長でありながら、大和ハウス工業の副社長へ2021年6月に電撃移籍した村田誉之氏はこのように語る。

樋口武男・現最高顧問が大和ハウスの社長に就任した翌年の02年2月、支店長会議で「アスフカケツ」という新事業創出のスローガンを掲げた。「安全・安心、スピード・ストック、福祉、環境、健康、通信」という注力する6分野の頭文字を並べたもので、漢字で書くと「明日不可欠」となる。後に農業が加わり、今では「アスフカケツノ」となっている。これらで新事業を創出し、創業100周年となる55年に売上高10兆円を目指す(21年3月期4.1兆円)。

大和ハウスの初期の成長を支えたのはプレハブ住宅だった。が、人口減少による新築住宅の縮小を見越して法人向け施設の開発を積極化。その結果、商業施設と物流施設をメインとする法人向け施設部門の2セグメントの合計は、全社売上高の44%、全社営業利益の64%を占めるほどになった。

特集「ゼネコン四重苦」の他の記事を読む

アプローチが通常とは逆

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン四重苦
戸田建設 社長 大谷清介/インフロニア社長 岐部一誠
自己資本比率が低い地域別ワースト150社
東北は「需要蒸発」、北海道は「消耗戦」
再エネ、リニューアル、脱請負
都心の大型再開発
住宅新興の勢い加速
「標準化」で他社を圧倒
厳選・集中開発で勝負
逆算営業で挑む年商10兆円
仰天人事の先のシナリオ
経営トップにズバリ問う|清水建設 社長 井上和幸
経営トップにズバリ問う|大林組 社長 蓮輪賢治
経営トップにズバリ問う|大成建設 会長 山内隆司
「割安&好財務ゼネコン」150社ランキング
脅威4 株主からの揺さぶり
脅威2 建設コストの高騰|地方案件も採算性が急下降
脅威3 若者の業界離れ
町役場の工事に大成建設が参戦
脅威1 競争激化|成長市場めぐる異業種間バトル
インタビュー/プロロジス 日本法人社長 山田御酒
ゼネコン四重苦
序列激変と大和ハウスの猛攻
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内