有料会員限定

オープンハウス「ドブ板+AI」営業のすごみ 住宅新興の勢い加速

印刷
A
A

オープンハウスグループの爆発的成長の原動力は何か。その源である営業部隊の最前線を追った。

「行こうぜ1兆!」。勢いのあるスローガンを掲げ、2023年9月期の売上高1兆0500億円を目指しているのがオープンハウスグループだ。都心部を中心に狭小戸建て住宅を販売し、急成長している。

21年9月期の売上高は、前期比4割増の8105億円。「1兆円超え」を視野に入れる。21年1月に、創業者をめぐる横領事件(無罪判決が確定)で信用補完が必要だった持ち分法適用会社のプレサンスコーポレーションを連結子会社化していることも売り上げ拡大の一因だ。

特集「ゼネコン四重苦」の他の記事を読む

創業は1997年。不動産仲介業としてスタートした(下表)。最近は分譲マンションの新築・販売、賃貸マンション・賃貸ビルのリノベーションも進める。だが、今も狭小戸建てが成長のエンジンであることに変わりはない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン四重苦
戸田建設 社長 大谷清介/インフロニア社長 岐部一誠
自己資本比率が低い地域別ワースト150社
東北は「需要蒸発」、北海道は「消耗戦」
再エネ、リニューアル、脱請負
都心の大型再開発
住宅新興の勢い加速
「標準化」で他社を圧倒
厳選・集中開発で勝負
逆算営業で挑む年商10兆円
仰天人事の先のシナリオ
経営トップにズバリ問う|清水建設 社長 井上和幸
経営トップにズバリ問う|大林組 社長 蓮輪賢治
経営トップにズバリ問う|大成建設 会長 山内隆司
「割安&好財務ゼネコン」150社ランキング
脅威4 株主からの揺さぶり
脅威2 建設コストの高騰|地方案件も採算性が急下降
脅威3 若者の業界離れ
町役場の工事に大成建設が参戦
脅威1 競争激化|成長市場めぐる異業種間バトル
インタビュー/プロロジス 日本法人社長 山田御酒
ゼネコン四重苦
序列激変と大和ハウスの猛攻
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内