有料会員限定

火花散る大型工事をめぐる「受注合戦」 建設

印刷
A
A
首都圏の再開発案件は大型化傾向にある(写真はイメージ)(撮影:今井康一)

特集「ゲームチェンジが始まった」の他の記事を読む

建設業界各社は受注時採算の低下を主因に、業績が急速に悪化している。

スーパーゼネコンの一角、大林組は今2022年3月期の業績見通しを21年11月に下方修正し、営業利益が345億円(前期比72%減)になるとした。同じくスーパーゼネコンの清水建設や大成建設、鹿島も前期比で2桁の営業減益を見込む。それぞれの利益は、東京五輪特需で沸く前の15年ごろの水準にまで落ち込む。

準大手ゼネコンでは赤字に陥る企業もある。三井住友建設は大型建築工事の採算悪化により、22年3月期の純損失が90億円(前期実績は87億円の黒字)になる見通しだ。東急建設も土木や建築で過年度に引き渡した案件に不具合が発生したことなどにより、同48億円の赤字(前期実績は26億円の黒字)に転落する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゲームチェンジが始まった
鉄道
ホテル・レジャー
陸運
化粧品
インタビュー/高島屋 社長 村田善郎
アパレル
インタビュー/明治ホールディングス 社長 川村和夫
インタビュー/サイゼリヤ 社長 堀埜一成
スーパー・コンビニ
食品・飲料
外食
海運
鉄鋼
インタビュー/帝人 社長 鈴木 純
化学
石油
電力
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
商社
トップ人事
M&A
インタビュー/日本証券業協会 会長 森田敏夫
証券
生保
損保
インタビュー/三井住友フィナンシャルグループ 社長・グループCEO 太田 純
銀行
ガバナンス
インタビュー/東京証券取引所 社長 山道裕己
東証新3市場
ベンチャー
決済
メタバース
GAFAM
インタビュー/NTT 社長 澤田 純
通信・携帯
インタビュー/シスメックス 会長兼社長CEO 家次 恒
インタビュー/村田製作所 社長 中島規巨
インタビュー/ファナック社長兼CEO 山口賢治
ロボット・工作機械
家電
カメラ
総合電機
半導体
インタビュー/アイシン 社長 吉田守孝
自動車販売店
自動車部品
自動車・EV
四季報担当記者が予想する
産業・企業|ゲームチェンジが始まった
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内