有料会員限定

いまだ見えぬ本格回復の時期 エアライン

印刷
A
A
国内線は展望が開けてきたが、国際線は低迷が続く

特集「ゲームチェンジが始まった」の他の記事を読む

峠は越えたが──。

ANAホールディングスが発表した2021年4〜9月期決算は、988億円の最終赤字(前年同期は1884億円の最終赤字)だった。依然としてコロナ前(19年)比の旅客数が国内線で30%、国際線で6%と低迷し、2期連続で巨額赤字を計上した。日本航空(JAL)もまた、同期に1049億円の最終赤字(前年同期は同1612億円)に沈んでいる。

とはいえ、新型コロナの感染が落ち着き、足元の航空需要は回復基調だ。ANAの片野坂真哉社長は21年11月のインタビューで、「9月は(国内線の旅客数が)1日当たり4万5000人だったところ、11月は7万人で、12月も8万人の見通しだ」と語っている。22年3月末にかけて、ANAは四半期の営業利益、JALも月次のEBIT(利払い前・税引き前利益)ベースで黒字化する見通しだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゲームチェンジが始まった
鉄道
ホテル・レジャー
陸運
化粧品
インタビュー/高島屋 社長 村田善郎
アパレル
インタビュー/明治ホールディングス 社長 川村和夫
インタビュー/サイゼリヤ 社長 堀埜一成
スーパー・コンビニ
食品・飲料
外食
海運
鉄鋼
インタビュー/帝人 社長 鈴木 純
化学
石油
電力
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
商社
トップ人事
M&A
インタビュー/日本証券業協会 会長 森田敏夫
証券
生保
損保
インタビュー/三井住友フィナンシャルグループ 社長・グループCEO 太田 純
銀行
ガバナンス
インタビュー/東京証券取引所 社長 山道裕己
東証新3市場
ベンチャー
決済
メタバース
GAFAM
インタビュー/NTT 社長 澤田 純
通信・携帯
インタビュー/シスメックス 会長兼社長CEO 家次 恒
インタビュー/村田製作所 社長 中島規巨
インタビュー/ファナック社長兼CEO 山口賢治
ロボット・工作機械
家電
カメラ
総合電機
半導体
インタビュー/アイシン 社長 吉田守孝
自動車販売店
自動車部品
自動車・EV
四季報担当記者が予想する
産業・企業|ゲームチェンジが始まった
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内