有料会員限定

日本車メーカー、EV巨額投資の課題 自動車・EV

印刷
A
A
トヨタ自動車が2022年半ばに世界の主要市場に投入する新型EV「bZ4X」(写真:トヨタ自動車)

特集「ゲームチェンジが始まった」の他の記事を読む

2022年の自動車業界も21年同様、車の電動化がキーワードになる。世界的な脱炭素の流れを受け、電動車の主役とされるEV(電気自動車)へのシフトが一段と加速しそうだ。

EV普及が加速する欧州では、乗用車販売に占めるEVのシェアは足元で約10%と1年で倍になった。欧州連合(EU)はコロナ禍からの経済復興と環境政策を組み合わせる「グリーンディール」を推進する。独仏などの加盟国ではEV購入時に日本円で最大100万円前後の補助金を出す。EUは35年には内燃機関車の販売を事実上禁止する方針も表明済みだ。

中国では、新車販売に占めるEVのシェアが足元で13%。EV向けの補助金は1台当たり最大1.8万元(約32万円)だが、一部の都市ではナンバープレート発給の優遇措置があり、購入の動機づけとなっている。中国のEV販売では現地生産を行う米テスラも好調だが、消費者のニーズをくみ上げた現地メーカーも根強い人気を誇る。上汽通用五菱汽車の「宏光MINI EV」は、約2.9万元(約51万円)からの格安な価格が農村部や地方都市中心に支持され、2輪電動スクーターからの乗り換え需要を取り込みヒットしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゲームチェンジが始まった
鉄道
ホテル・レジャー
陸運
化粧品
インタビュー/高島屋 社長 村田善郎
アパレル
インタビュー/明治ホールディングス 社長 川村和夫
インタビュー/サイゼリヤ 社長 堀埜一成
スーパー・コンビニ
食品・飲料
外食
海運
鉄鋼
インタビュー/帝人 社長 鈴木 純
化学
石油
電力
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
商社
トップ人事
M&A
インタビュー/日本証券業協会 会長 森田敏夫
証券
生保
損保
インタビュー/三井住友フィナンシャルグループ 社長・グループCEO 太田 純
銀行
ガバナンス
インタビュー/東京証券取引所 社長 山道裕己
東証新3市場
ベンチャー
決済
メタバース
GAFAM
インタビュー/NTT 社長 澤田 純
通信・携帯
インタビュー/シスメックス 会長兼社長CEO 家次 恒
インタビュー/村田製作所 社長 中島規巨
インタビュー/ファナック社長兼CEO 山口賢治
ロボット・工作機械
家電
カメラ
総合電機
半導体
インタビュー/アイシン 社長 吉田守孝
自動車販売店
自動車部品
自動車・EV
四季報担当記者が予想する
産業・企業|ゲームチェンジが始まった
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内