大学では、なぜカネを巡る不正が続くのか

「工学部ヒラノ教授の事件ファイル」を読む

親身になって教えていたのに、セクハラ、アカハラと訴えらるなんてことも・・・・・・
(写真:NORIYUKI / Imasia)

この本では、その時代にヒラノ教授が(たぶんやむなく)手を染められた不正行為が大胆に開陳されている。しかし、窃盗罪や詐欺罪でも時効は7年。東京工業大学を停年で辞されてから10年以上になるヒラノ教授、今さらとがめられることもありますまい。それに、20年ほど前は、やったらダメとわかっていても、いかんともしがたい事情が多々あった。

3月使い切り期限の研究費が2月に振り込まれる

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

某省の研究費など、どういう理由かは知らないが、毎年2月にならないと振り込まれなかった。単年度決済なのだから、3月の中旬までに使い切る必要があるにもかかわらず、である。もちろん計画は1年かけて遂行すると申請してあるし、実際に時間がかかる。どうしろと言うのか、まったく理解ができなかった。

建前としてはいけないことになっていたけれど、業者さんからの借金が常態化していた。前借りしないと、使い切れないのである。その省の研究費を現金として金庫に貯め込んでいたという事件が報道されたことがある。いかなるトリックを使っていたかは知らないが、その教授は、借金することをよしとせず、貯金しておられたのだ。気持ちはわからないでもないし、家計なら誉められるところだ。けど、公金だ。さすがにそんなことをしてはお縄ちょうだいである。

いろいろと不合理な予算もあった。たとえば、旅費にしか使えない公費。使い切らないと、次年度に減らされるのではないかという恐怖感から、予算消化のための出張がけっこうあった。若手教授の頃は、頼みやすかったせいか、年度末になるとあちこちへ特別講義にお呼ばれしたものである。行っても行かなくてもいいような出張なので、いわば税金の無駄遣いではある。が、一応は合法的な予算消化である。同時に、当然のようにカラ出張も行われていた。

ご想像のとおり、昔も今も、教授の自己保身と身勝手さはかなりのものである。だから、教授が自らカラ出張などはしない。あわれ、助教授や助手(現在は准教授と助教)が命じられることになる。もちろん、なかなか断れない。

次ページ学生、教授ぐるになって資金捻出?!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT