作家・猪瀬直樹がつづる、妻への思い

「さようならと言ってなかった」を読む

東京五輪招致のイベントで猪瀬氏の傍らに立つゆり子さん(右 /写真:アフロスポーツ)

5000万円の借入金問題を追及される猪瀬さんの姿をテレビで見たとき、見る影もなく打ち萎れた姿に愕然とした。札束に見立てた発泡スチロールを鞄に押し込もうとするとき、目は虚ろで汗が噴き出していた。400万票もの支持を得て東京都知事となり、五輪誘致も見事に成し遂げ、歴史に大きく名を残す知事になるはずだった。が、猪瀬さんの挑戦は、あっけなく終わりを告げたのである。

猪瀬氏が教えてくれたこと

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

20年ほど前、私はある情報番組に思いがけず抜擢され、キャスターという役割に初めて取り組んでいた。が、私は局のアナウンサーのような訓練を受けておらず、知識も経験もない素人キャスターだった。それを厳しく指導してくれたのが猪瀬さんだった。番組で取り上げる個々のテーマについて、つねに私に「どう思う?」と問い、「いやそれではまだ駄目だ」とさらに考えることを促した。

「物事を一方から見るな。複数の視点から見ろ。なにか自分なりの意見を持ったら、必ずそれと反対の意見を聞け」と言われた。

ある大物政治家がゲストで来たとき、ピリピリとしたスタジオの空気をよそに、猪瀬さんは相変わらずの傲岸な態度で切り込んだ。「公共の電波なんだ。視聴者が聞きたいことを遠慮なく聞くべきなんだ」と言った。

次ページ作家から政治家へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT