流行語大賞の「メディア陰謀説」は本当か

「集団的自衛権」「ダメダメ」W受賞はなぜ?

東洋経済オンラインに集いし、労働者・学生・市民諸君!「若き老害」こと常見陽平である。
今年も「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表された。2014年の大賞は「集団的自衛権」と「ダメよ~ダメダメ」。マスメディアでも、ネットメディアでもかなり取り上げられたので、知っている人も多いだろう。もっとも、この賞には批判の声もある。「所詮、マスメディアの陰謀ではないか?」「そもそも、流行っていたのか、本当に?」「知らないよ、そんな言葉」などだ。私も正直なところ、そう思っていたこともあった。
しかし!違うのである。この選考プロセスや、選ばれた言葉には、ちゃんと意味があったのだ。『現代用語の基礎知識』編集長であり、「ユーキャン新語・流行語大賞」の選考委員でもある清水均氏を直撃取材した。いま一度、今年を振り返る意味でも、「ユーキャン新語・流行語大賞」を直視せよ!

「もう流行語なんて生まれない」と言われた時代に始まった

常見 今年は「ユーキャン新語・流行語大賞」の授賞式、パーティーの会場に初めて伺いました。

清水 いかがでしたか?

常見 率直に「昭和」と「平成」を両方感じました。その間、といいますか。新しい言葉が周知されて、時代が更新されていくこと、「ユーキャン新語・流行語大賞」を受賞した言葉に「平成」「新しい時代」を感じました。

一方で都内の豪華な会場、東京會舘のフロアを貸し切って、マスコミが多数集まり、大々的に表彰式を行うという形式には「昭和」というか「古さ」を感じました。

清水 ほんとに率直ですねー! でも、そうですよね、古いですよね(笑)1984年の第1回当時から、私も「古臭いな・・・」と思っていましたよ。

常見 そんな古臭いだなんて。でもどうして当時からそう思われていたのでしょうか。

清水 「流行語大賞」と言われても、当時私は20代でしたが、「何も流行ってないよ!なのに流行語を決めるの?」というのが正直な感覚でした。

常見 ダハハ。

清水 だから「現代用語の基礎知識」が「新語・流行語大賞」というイベントを始めるというプランに、ノリきれない気持ちがありました。例えば第1回で流行語部門・金賞を「◯金・◯ビ」という言葉が受賞しました。確かに世間で話題にはなっていましたが、それを「流行語」だとは思えなかったのです。

次ページそれはなぜ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT