価値観激変!東大ママが産後に見る"新世界"

産んで幸せ?それとも…?

・生きるのって楽しい!(と思うようになった)。(2007年教育学部卒)
・間違いなく、人生を豊かにしてくれた。(2000年経済学部卒)
・自分の人生の選択の迷いが減った。子どもを軸として考えるようになった。(2004年農学部卒)
・自分とは違う考え方、行動をする子どもたちと過ごす中で、物事に柔軟に対応する能力が向上し、完璧主義はやめて、小さな違いを気にせず、本質を押さえることに注力するようになった。(2001年文学部卒)

子どもを通じて今まで見えなかった世界が見えるようになり、視野が広がりますよね。

・誰にでも上手に助けを求めることができるようになった。子どもの習い事、ママ友つながりで人脈がぐっと広がり、それが仕事につながることも。(1991年経済学部卒)
・子どもを産むまでは、保育園の違いやそれによる子どもへの影響の大きさもわからなかったが、子どもを産んで長い時間、保育園に預けるようになって、保育の質は重要だということを実感した。また、子どもを対象とするビジネスが世の中にはたくさんあることがわかり、でもそれらが本当は子どもにとっていいものなのかどうか、判断する力がついてきたと思う。仕事の質とスピードは格段に上がった。(2001年教養学部卒)

……ということで、前回・今回を合わせた結論は「夫婦関係には危機が訪れる可能性はあるものの、子どもを産むのは人生を豊かにしてくれるからオススメだよ!」という少子化対策みたいなメッセージでしょうか(笑)。いや、夫婦関係も崩れなければなおいいですね……。

そして、それまでの視野が狭すぎるんだと批判もされそうですし、両立をめぐっては悩みも多い私たちですが、仕事一辺倒から世界が広がった女性たちの経験は、きっと仕事にもポジティブな影響をもたらします!

仕事と出産・子育ての兼ね合いについては、追って別の回でも取り上げたいと思っています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT