【産業天気図・ガラス・土石製品】セメントは内需半減の厳寒期、ガラスも国内は低調、冴えない天候続く

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

ガラス・土石製品(セメント)業界の景況感は、2011年9月まで終始「曇り」にとどまりそうだ。

セメントの国内需要は10年度は4045万t。直近のピークだった1996年度の8241万tに比べ約2分の1になる見通しだ(セメント協会推定)。この数値はセメント業界が内需の下限と見ていた5000万tをも下回る。このため首位の大平洋セメントや3位の住友大阪セメントは、10年度上期に約25%の生産削減を行い、設備の稼働率を高めることで、収益の改善を図っている。

11年度は政府の補正予算の効果も期待され、住宅着工件数も回復しているが、工場、大型商業施設など設備投資関連が低迷しており、「横ばいを想定して経営するしかない」(大手首脳)という状態。

このため、「11年度は構造改革で30億円を捻出し、利益を出す」(住友大阪セメント)など構造改革の手を緩めない方針だ。一方で、首位の太平洋セメントは米国に大きな事業基盤を持つが、需要が増加しているベトナムなどアジアの事業を拡大し、内需の低迷という難局を乗り切る方針だ。

一方、ガラス業界も国内需要は低調だ。建築・自動車用の板ガラスの国内生産は直近のピーク値である3184万箱換算に比べ、09年は1928万箱換算と40%減少している。国内建築用の減少や、自動車の海外生産の移転などが原因である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。