【産業天気図・ガラス・土石製品】セメントは内需半減の厳寒期、ガラスも国内は低調、冴えない天候続く

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

ガラス・土石製品(セメント)業界の景況感は、2011年9月まで終始「曇り」にとどまりそうだ。

セメントの国内需要は10年度は4045万t。直近のピークだった1996年度の8241万tに比べ約2分の1になる見通しだ(セメント協会推定)。この数値はセメント業界が内需の下限と見ていた5000万tをも下回る。このため首位の大平洋セメントや3位の住友大阪セメントは、10年度上期に約25%の生産削減を行い、設備の稼働率を高めることで、収益の改善を図っている。

11年度は政府の補正予算の効果も期待され、住宅着工件数も回復しているが、工場、大型商業施設など設備投資関連が低迷しており、「横ばいを想定して経営するしかない」(大手首脳)という状態。

このため、「11年度は構造改革で30億円を捻出し、利益を出す」(住友大阪セメント)など構造改革の手を緩めない方針だ。一方で、首位の太平洋セメントは米国に大きな事業基盤を持つが、需要が増加しているベトナムなどアジアの事業を拡大し、内需の低迷という難局を乗り切る方針だ。

一方、ガラス業界も国内需要は低調だ。建築・自動車用の板ガラスの国内生産は直近のピーク値である3184万箱換算に比べ、09年は1928万箱換算と40%減少している。国内建築用の減少や、自動車の海外生産の移転などが原因である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。