日本のトイレは排泄するだけの場所じゃない!

35秒で丸見え!? スリルと感動のトイレ名所

──トイレはカギがかかって中が見えないから危険ですね。また、そうでなくては困りますが。

マリトモ:最近、「スモークトイレ」というのがあるんですよ。海外では防犯対策のために普及していますが、日本でも徐々に設置されているようです。

大分県の商店街にある「スモークトイレ」は、ガラス張りで「電子カーテン」になっていて、中に入るとさーっと曇って外から見えなくなります。そして35秒でスモークが晴れて外から丸見えになってしまう。スリル満点ですよ。

──ええっ!?  いったいなぜ?

マリトモ:トイレの中で急に倒れてしまう人がいるからのようです。防犯というより、急病人対策かもしれませんね。

──でも35秒って早い気がします。最後まで用を足せるでしょうか。

マリトモ:35秒間、じっと身動きしない場合にスモークが晴れる仕組みなんです。だから動けばいいんですよ。

──手を振ったり上半身を揺らしたり? 落ち着きません!

マリトモ:トイレで倒れて命を落とす人って意外と多いんです。私が調べたところ、思想家のルソーはいきみすぎて倒れ、上杉謙信は脳溢血で倒れて亡くなったそうです。

──もし「スモークトイレ」があったなら……。では、最後にトイレでくつろぎたい男性ビジネスパーソンにお薦めのトイレを教えてください。

マリトモ:大阪の天王寺ミオというショッピングモールがお薦めです。男性用トイレがちゃんとそれなりの広さを確保して、フロアごとに異なるコンセプトで、演出も凝っています。そういった展開は男性用トイレではあまりありません。スタイリッシュな鏡、洗練された絵や写真などが飾られていたり、照明が凝っていたり、トイレの入り口に座れるスペースもあって、男性もトイレで一息つけると思いますよ。

ショッピングモール「天王寺ミオ」の男性用トイレ(大阪市)。写真提供:マリトモさん

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT