日本のトイレは排泄するだけの場所じゃない!

35秒で丸見え!? スリルと感動のトイレ名所

──トイレはカギがかかって中が見えないから危険ですね。また、そうでなくては困りますが。

マリトモ:最近、「スモークトイレ」というのがあるんですよ。海外では防犯対策のために普及していますが、日本でも徐々に設置されているようです。

大分県の商店街にある「スモークトイレ」は、ガラス張りで「電子カーテン」になっていて、中に入るとさーっと曇って外から見えなくなります。そして35秒でスモークが晴れて外から丸見えになってしまう。スリル満点ですよ。

──ええっ!?  いったいなぜ?

マリトモ:トイレの中で急に倒れてしまう人がいるからのようです。防犯というより、急病人対策かもしれませんね。

──でも35秒って早い気がします。最後まで用を足せるでしょうか。

マリトモ:35秒間、じっと身動きしない場合にスモークが晴れる仕組みなんです。だから動けばいいんですよ。

──手を振ったり上半身を揺らしたり? 落ち着きません!

マリトモ:トイレで倒れて命を落とす人って意外と多いんです。私が調べたところ、思想家のルソーはいきみすぎて倒れ、上杉謙信は脳溢血で倒れて亡くなったそうです。

──もし「スモークトイレ」があったなら……。では、最後にトイレでくつろぎたい男性ビジネスパーソンにお薦めのトイレを教えてください。

マリトモ:大阪の天王寺ミオというショッピングモールがお薦めです。男性用トイレがちゃんとそれなりの広さを確保して、フロアごとに異なるコンセプトで、演出も凝っています。そういった展開は男性用トイレではあまりありません。スタイリッシュな鏡、洗練された絵や写真などが飾られていたり、照明が凝っていたり、トイレの入り口に座れるスペースもあって、男性もトイレで一息つけると思いますよ。

ショッピングモール「天王寺ミオ」の男性用トイレ(大阪市)。写真提供:マリトモさん

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。