不調の主犯格、「汚腸」をコンビニ飯で撃退!

あなたの「腸にいい食べ方」、思い込みかも?

知らぬ間に「汚腸」が進行しているかもしれません(写真:ストリーム / Imasia)

毎日の食事も大切ですが、実は「腸」こそが健康の司令塔だということをご存知ですか? 腸は毎日、眠っている間も休むことなく、私たちの体内で働いており、栄養の消化や吸収、そして有害物質の排泄を行っています。この基本的機能が、他の臓器の働きを助け、私たちを健康に保ってくれているのです。

女性には「腸をきれいにする」という意識を持つ方も多いですが、ほとんどの男性は無頓着であるように思います。健康を維持するための生活の基本として「快食・快眠・快便」が挙げられるように、腸はきれいで当たり前の状態でないと、本当の健康とは言えません。

「たかが便秘」と侮ってはいけない

「最近、いいアイディアが浮かばない」「上司に怒られてばかり……」「部下をついつい怒ってしまう……」「ミスが続く……」。実はこれらは、“汚腸”のせいかもしれません。「たかが便秘?」と思わるかもしれませんが、1日でも便秘をすると、太るだけなく、腸で有害毒素が発生し、その毒素が血流に乗って全身に回ることになります。

そしてこれらは、脳の神経伝達物質も汚染するので、ストレスやイライラの原因につながるようです。ほかにも、顔や背中の吹き出物、ヘルペス、消化不良、血管が詰まって高血圧や動脈硬化の危険が増します。

またこの毒素は、せっかく摂った食事からの栄養吸収を阻害する作用もあるため、体にいいものを食べても意味がなくなってしまうかもしれません。汚腸こそ、まさに健康診断の数値を悪くしている主犯格かもしれないのです!

ここで、今年あたりから注目されている「シンバイオティクス」という食べ方に注目してみましょう。

次ページ重要なのは「組み合わせ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。