不調の主犯格、「汚腸」をコンビニ飯で撃退!

あなたの「腸にいい食べ方」、思い込みかも?

今まで腸にいい食事法といえば、「ヨーグルトなどの乳酸菌を食べる」または「野菜から食物繊維を摂る」あたりが代表的でしたが、果たして便秘の改善につながったでしょうか?

シンバイオティクスとは、要するにこの2つを組み合わせるというもの。乳酸菌と食物繊維の両方を同時に摂取すると、汚腸の改善が大いに期待できるそうで、近年食品メーカーや大学などで研究が進んでいるようです。簡単に実行できるので、今日から食事の組み合わせに取り入れてみましょう。

コンビニ飯で汚腸を解消できる?

まず、乳酸菌を摂るには発酵食品、食物繊維は野菜をはじめ、下記の食品群が挙げられます。

●発酵食品
ヨーグルト、チーズ、漬物、キムチ、酢、味噌、納豆
●食物繊維
野菜類全般、果物類全般、玄米、全粒粉、雑穀、大豆製品

 

この2種の食材群を覚えておくと、コンビニで組み合わせを考えやすくなるでしょう。

〈みわ子流、汚腸解消につながるコンビニ飯〉
・シリアル + ヨーグルト + カットフルーツ
・ソイバーや雑穀ビスケットなどは、ヨーグルト味やチーズ味を
・レトルトの玄米ごはん + 漬物(またはキムチや納豆) + 味噌汁
・野菜のピクルスやマリネ
・ブランパン + クリームチーズ
・サラダには、お酢やヨーグルトが含まれるドレッシングを

 

こういう組み合わせは、どちらかというと女性向きかもしれません。男性の場合は、もちろんこれだけではお腹が満たされないと思いますので、上記のものをメニューの1つに加えていただき、お肉や魚介類などもバランスよく摂取してください。

健康で便秘知らずの人でも、腸には約3~4キログラム分の老廃物が溜まっていると言われています。毒素を少しでも体から追い出して、忙しい年末もキレのある思考力で乗り切ってください。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT