二日酔いを和らげる「お助け食材」はこれ!

忘年会シーズン到来、お酒に強い人も油断大敵

忘年会続きの12月。きちんと体調を整えるために摂取するべきものとは?(写真:jazzman / Imasia)

師走に入り、昼間は取引先への挨拶回り、夜は忘年会と、一年で最も忙しい時期に突入したのではないでしょうか? 連日の忘年会で二日酔いに悩みっぱなしというビジネスパーソンも少なくないでしょう。ということで今回は、二日酔いの翌日に食べるといいものをコンビニで探してみましょう。

「酒は百薬の長 過ぎては害あり」。こう古くから言われているとおり、お酒は飲み方によって薬にも毒にもなります。適量のアルコール摂取は、血液中の善玉コレステロールを増やして動脈硬化の進行を防ぐほか、血圧を下げたり、運動不足やメタボ体質からくる糖尿病を予防したりする働きが、近年の研究でわかっています。

この“適量”とは、一般的には1日当たり日本酒なら2合、グラスワインなら2杯、ビールなら中瓶1本程度までが目安。これ以上のアルコール摂取を継続的に行うと、逆に上記のような病気のリスクが高まることにつながりかねません。

「お酒に強い人」も油断禁物!

ところで、お酒は人によって「強い」「弱い」が分かれますよね。これはアルコールを摂取した際に肝臓で作られる「アセトアルデヒド」という物質が関係しています。簡単に言うと、この物質の影響を受けやすい人は、頭痛や吐き気など体が拒絶反応を起こし、アルコールの多量摂取を避けさせようとします。これが「お酒に弱い人」の特徴です。

一方でアセトアルデヒドの影響を受けにくい人は、どんどんお酒が飲めてしまうので、歯止めが利かず、自他ともに認める「お酒に強い人」ということになります。後者のタイプは、その場は楽しくお酒を飲めますが、翌日二日酔い状態に陥るケースも少なくありません。また連日連夜飲んでいると、肝臓を傷めアルコール依存症などに発展していく場合もあります。

このように、お酒を飲みすぎると健康診断の数値が心配になってきますが、ダメージはそれだけではありません。二日酔いのダルい気分は、仕事の効率にも影響してしまいます。年末の忙しい時期を乗り切るためにも、アルコールを摂取したら早めに体外へ排出するよう心掛けましょう。

次ページ朝ごはん&ランチのおすすめはこれだ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT